晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2012/02/26(日)

「Natural High!的、田舎暮らしのススメ」

LIVE:〔TRI-ARTIST SESSION-東田トモヒロ×Leyona×沼澤尚-〕   青谷明日香/音更 TALK:シェルパ斉藤/南兵衛@鈴木幸一

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter





今年も、5月26日(土)27日(日)に、山梨県 道志の森キャンプ場にて開催される
Natural High!2012」のプレイベントです!

LIVE:
〔TRI-ARTIST SESSION-東田トモヒロ×Leyona×沼澤尚-〕  
青谷明日香/音更
TALK:
シェルパ斉藤&南兵衛@鈴木幸一
※会場では、Natural High!先行チケット販売をおこないます

開 17:00 演 17:30 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500
ご到着順入場

★晴れたら空に豆まいて 予約
メールでの ご予約
電話でのご予約
e+ (チケット購入)
——————————————————————————————–
TRI-ARITIST-SESSION
東田トモヒロ × Leyona × 沼澤尚


東田トモヒロ、Leyonaという日本屈指のROCKできるシンガーソングライターと
世界レベルのドラマー沼澤尚によるセッションユニット
ドラムとギター&ボーカルのみという自由度の高い編成から繰り出されるグルーブ!
そして、そんなシンプルな音をバックに、歌で人を引きつけてやまないシンガーソングライター
2人によるボーカルハーモニーで、バンドサウンドでは味わえない新たな世界を提示する。
ーーーーー
青谷明日香

秋田県生まれ秋田県育ち。現在は東京在住。
2003年に和風レゲエバンド『minjah』を旗揚げし、全国津々浦々でライブ活動を展開
並行して2006年よりピアノ弾き語り活動を始める。
2009年にバンド活動休止し、それ以降はソロに専念。
2011年1月にネパールにて海外初公演。
4月に毎年10万人が集まる『Earthday Tokyo 2011』、
代々木公園ステージにて弾き語り演奏。大きな反響を呼ぶ。
2011年7月FUJIROCKFESTIVAL’11出演。
心の隙間に問いかける、懐かしい情景を歌い紡ぐ。
ーーーーー
音更

タッピングやスラップ、ボディ・ヒットなど、様々なテクニックを駆使した ロック・テイスト溢れる演奏を武器とするアコースティック・ギタリスト。 「音更(おとふけ)」の名の通り、「音が更ける(深まる)」 というその世界観を ギター一本で表現する。 近年は、パリの音楽フェスティバル「Fe de la musique」、 ドイツ・オルデンブルク大学でコンサートを行い高い評価を得るなど、 活動の幅を世界へ広げている。 2008年には24時間音を出す事が出来る環境を求めて、高尾の山中 築200年の古民家に移り住み、田舎暮らしを営みながら制作活動を行いつつ、 ライブ活動は新宿に拠点を置き、 都市の多様な価値観やダイナミズムと、山中の生活に根差したリアル、 時に矛盾する両者を見つめ、追い求めながら創作活動を行っている。
ーーーーー
シェルパ斉藤 × 南兵衛@鈴木幸一

シェルパ斉藤
揚子江をゴムボートで下ったのがきっかけでフリーランスのライターとしてデビュー。
「シェルパ斉藤」のペンネームで、現在『BE-PAL』『レトリーバー』『夢の丸太小屋に暮らす』
『PEAKS』『バイシクルナビ』『フィールドライフ』などの雑誌に連載を持つ。
収入を得るうえでの職業としては著述業だが、肩書きは「バックパッカー」を使うことが多い。
ふたりの息子と妻、2頭のレトリーバー(サンポ、トッポ)、そして猫のジッポとポノともに田舎暮らしを楽しみつつも、旅に明け暮れている。
紀行文の著書多数。アジアのトイレ評論家の肩書きも持つ。
秩序ある無鉄砲な旅と、単独行を愛するバックパッカーでありながら、八ヶ岳山麓に自らの手で家を作ったことから、堂々と ”作家”を名乗ることもある。
通算移動距離22万キロ以上(地球約2周分)。
通算野宿回数600回以上、通算ヒッチハイク回数120回以上。
特技は「のび太スマイル」。
南兵衛@鈴木幸一
20歳前後の4年間を日本全国と南米への旅、そして農業で過ごす。
90年代お茶の水GAIA創業に参加の後、2000年前後からはイベントを中心とした企画制作オフィス「アースガーデン」代表に主軸を移す。 2001年からのアースデイ東京立ち上げには中核として関わり、10万人以上を集める場づくりを実現。
フジロックフェスティバル、ap bank fes.、渚ミュージックフェスティバル、メタモル フォーゼ、等々の野外フェスティバルの企画制作に関わり続け、 若者を中心としたカルチャー、ライフスタイルと、自然、地球の文化を結ぶ活動を続けている。また、文筆方面でも著書「フェスティバル・ライフ」などを上梓、活動している。

calendar

10月

2018

« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031