晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2016/07/07(木)

DE DE MOUSEの「デデ夕」

DE DE MOUSEの「デデ夕」

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

DE DE MOUSE


昨年より新設されたDE DE MOUSE恒例行事「デデ夕(読み : デデバタ)」が今年もやってくる!
今年は七夕当日の7/7(水)に開催!!!
もちろん今回も「晴れ豆」の床に約30畳の畳を敷いた一風変わった雰囲気の中でのライブをお楽しみいただけます。当日は靴を脱いで、寛いで、お楽しみください!
今回のイベントもお土産付き(内容は後日発表)!!
無礼講の名を欲しいままに3月に開催されたデデ分との違いは?短冊は?ライブは!?とにかくこの日だけの楽しい一夜をご一緒に。
※イベントのUSTREAM配信はございません。
デデ夕 = DE DE MOUSEとご一緒に、短冊に今年のお願い事を書き上げる大切な1日。デデ分と並ぶデデ歴の1つ。 (出典 : DE DE MOUSE辞典)

出演:DE DE MOUSE
司会進行 : DE DE MOUSE staff

DE DE MOUSE 公式JP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,300 当 3,800 +1D 600
お土産つき お土産は後日発表予定

整理番号順入場

メールでのご予約 (6/11, 0:00~)
電話でのご予約 (6/11, 15:00~)

【DE DE MOUSE  プロフィール】

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。
織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。
ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
近年では実験的な試みを体現する主催イベント”not”や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした演奏会や、盆踊りイベント等、音楽イベントを飛び越えた活動も始め、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。また、ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
2012年にnot recordsを始動。
2015年6月~7月にはレーベル3周年として「youth 99」「milkyway drive」の2枚のEPを発売。
そして12/2に、ジャケットイラストに『ファイナルファンタジーXII』や『タクティクスオウガ』のキャラク
ターデザインを手掛け、DE DE MOUSE 3rdアルバム「A journey to freedom」を手掛けた吉田明彦氏と再びタッグを組んだ
3年ぶり5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。
今作では本編収録楽曲のremix / リアレンジ音源等をパッケージ付属のDLカード上にて発表していくという新しい形のアルバムプロジェクトを敢行!
DE DE MOUSE is distinguished by his one of a kind music style and dynamic live DJ sets with keyboard performances.
Mixing tribal music from Tibet, Indonesia and children’s voices with a touch of his soul, DE DE MOUSE chips them into single sounds and edits them to create significant melodies.
From Acid House to Amen Break, and Hip Hop to Fusion, he links and mixes keywords together to create new sounds for the Electric scene.
A mix of sounds of synthesizer intertwined with unique chords, he creates an energetic beat that fits in the breakcore genre.
Not only his musical approach but his live performance is extraordinary.
He puts full of his energy and creative ideas into his live set to entertain his audience.
The style of live performance changes from time to time, such as aggressive twin drums style, dance remixes, piano solo and so on.
DE DE MOUSE also collaborates with other artists and creators from all over the world in fashion, game, graphic and art industry.
http://www.dedemouse.com/

DE DE MOUSE
遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。
織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。
ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
近年では実験的な試みを体現する主催イベント”not”や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした演奏会や、盆踊りイベント等、音楽イベントを飛び越えた活動も始め、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。また、ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
2012年にnot recordsを始動。2015年6月~7月にはレーベル3周年として「youth 99」「milkyway drive」の2枚のEPを発売。そして12/2に、ジャケットイラストに『ファイナルファンタジーXII』や『タクティクスオウガ』のキャラクターデザインを手掛け、DE DE MOUSE 3rdアルバム「A journey to freedom」を手掛けた吉田明彦氏と再びタッグを組んだ3年ぶり5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。今作では本編収録楽曲のremix / リアレンジ音源等をパッケージ付属のDLカード上にて発表していくという新しい形のアルバムプロジェクトを敢行!
DE DE MOUSE is distinguished by his one of a kind music style and dynamic live DJ sets with keyboard performances.
Mixing tribal music from Tibet, Indonesia and children’s voices with a touch of his soul, DE DE MOUSE chips them into single sounds and edits them to create significant melodies.
From Acid House to Amen Break, and Hip Hop to Fusion, he links and mixes keywords together to create new sounds for the Electric scene.
A mix of sounds of synthesizer intertwined with unique chords, he creates an energetic beat that fits in the breakcore genre.
Not only his musical approach but his live performance is extraordinary. He puts full of his energy and creative ideas into his live set to entertain his audience.
The style of live performance changes from time to time, such as aggressive twin drums style, dance remixes, piano solo and so on.
DE DE MOUSE also collaborates with other artists and creators from all over the world in fashion, game, graphic and art industry.
http://www.dedemouse.com/


              

calendar

10月

2018

« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031