晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2018/05/06(日)

下野のまんまvol.16 「清水浦安、中村天風を語る」

下野誠一郎/清水浦安/山川紘矢/山川亜希子

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter


出演:下野誠一郎/清水浦安
ゲスト:山川紘矢/山川亜希子

開18:00 演 18:30 宴 20:30・前 10000 当 12000(ブッフェと飲み放題つき)

□整理番号順入場
□会場は畳敷き(椅子席あり)
□飲み放題はブッフェ開始時刻から

ブッフェ・メニュー
・新タマネギと豆乳の冷製ポタージュ クミン風味
・彩り野菜のチョップドサラダ ヨーグルトドレッシング
・アジのフリット サルサソース
・カジキマグロのベラクルス風
・ライスインブリトー

晴れたら空に豆まいて(受け付け中)
メールでのご予約
電話でのご予約
http://mameromantic.com/?p=85

イープラス(5/1〜)


ぴあ(5/1〜)
Pコード:639143

清水さんは、若い頃から手広く事業をなされた方です。
ほっかほっか弁当という弁当屋さんを58店舗もやっていたこともあります。
ところが彼がほっかほっか弁当を始める前にほっかほっか亭という弁当屋さんがありましたこのほっかほっか亭をダイエーが買収したことから大変なことになります。
ダイエーが商標違反で、ほっかほっか弁当を訴えたのです。
結果、清水さんは訴訟に負け、ほっかほっか弁当も閉めることになり、3億円という借金を追う羽目になります。。
しかし清水さんはへこたれませんでした。
当時ドミノピザという宅配ピザ屋さんが営業を始めていました。まだ3店舗しかない頃、それを見て、清水さんは「これはいけるんじゃなかろうか。」と思いました。
そこで「テキサスハンズ」 という名の宅配ピザ屋さんを始め、39店舗も店を開くことに成功しました。ところが今度は、彼のお父さんが、莫大な借金を作り、その返済を彼が引き受けることになります。
彼が、宅配ピザ屋さんを開業してから数年後、彼に奇妙なことが起こり始めます。
吉田寅次郎矩方と名乗る人物が、突然彼におりて来たのです。
田寅次郎矩方、かの有名な吉田松陰です。
しかも吉田松陰は、自分の知り合いの幕末の志士や明治時代の有名な人物を次々に彼に紹介し、清水さんの口を借りて彼らの言葉を語らせ始めたのです。
その噂が広まり、やがて清水さんを囲んで、勉強会が開かれるようになりました。
1998年3月3日のことです。今度は全然知らない人物が、清水さんにおりて来ました。そして、その人は、清水さんに「ペンを持ちなさい。」と命じました。
清水さんの手が勝手に動いて文章が現れました。
==========================
我、万物の霊長たる人間として生まれ尚且、宇宙霊の導きのもと、今の今を歩めたる喜びは、至極至上、もはや言葉にして現す事が出来ない。
今を創造し今を選択し今を活きる。
今出来る事を精一杯し、今が健康で、今が幸福で、今が永遠である。
宇宙霊のふところに抱かれて永遠の今を生きているのである。
何故、未来に不安を創り、過去に執着を作るのか、すべては、わたしの創造と選択によるものである。人は、創造の自由と選択の自由が与えられているからこそ万物の霊長と言えるのである。然らば、私は何を創造し、何を選び取り、いかに行動するか、宇宙霊と私は一体である。故にあらゆるすべての事物の中より、真・善・美 を創造し、積極的に愛のある選択と愛のある行動を大宇宙大神霊に約束しよう。
                                                                                    平成十年三月三日
                                                                                                 中村三郎
=============================
かなり立派な文言です。しかし清水さんには中村三郎なる人物が誰であるのか見当がつきません。
そこで文章を周りの人間に見せたところ、「中村天風氏ではなかろうか。」ということになりました。
中村三郎さんに確認すると「そうだ。」という。
さあ、これからが大変です。
中村天風と言えば、1968年に92歳で他界するまで、天風会を主宰し、政財界はもとより、一般大衆にまで多大な影響を与えてきた屈指の哲人です。
中村天風は、わずか16歳で、陸軍の軍事探偵として、単身、満州に渡り、諜報活動を行っています。その後日露戦争が迫ってきた際にも、軍事探偵として、満州に送り込まれます。その時、113人の軍事探偵が満州に渡りましたが、帰ってきたのはわずか9名だったそうです。
ところが30歳の時、重度の結核にかかります。治療法を求めて、アメリカやヨーロッパに赴きますが、良い結果を得られないまま、帰国の途中、インドのヨーガの聖人に会い、そのままヒマラヤに行き、2年半の修行をします。
帰国後は、実業界で活躍するも、ある日、いきなりすべての職を辞し、財産も処分し、自ら発案した、心身統一法を街頭で説き始めたのです。
やがて政財界のトップクラスの人々が彼を師と仰ぐようになり、アメリカのロックフェラー3世までもが、彼に心酔し、彼にアメリカへ来るよう懇願し続けました。
ある日、清水さんの家に元中村天風の鞄持ち、と名乗る人物から電話がかかってきました。中村天風が清水さんに本当におりてきているか、確認するためでした。
緊張する清水さんが電話を出ると、いきなり中村天風氏が話し始めました。
「天風先生、お久しゅうございます。」その人は、電話の向こうで泣き崩れたそうです。
時を経ずして、今度は実業界の大物たちが、清水さんを囲んでの勉強会を始めました。そこでは天風氏の紹介で、今は亡き、かつての産業界の大物達も清水さんにおりてきて、話をします。
それから10年が経過し、清水さんの指導霊は、中村天風氏から、倭姫様に変わりま。
倭姫様は、伊勢神宮を開いた人です。倭姫様を介して、中村天風氏も登場します。
この10年の間に、清水さんは、自分の事業をすべてやめ、中村天風氏と倭姫様の指導により、ワンドロップ プロジェクトという運動を展開しています。
莫大な借金は、「そんなの返すのは簡単だ。俺の言う通りにやってごらん。」という中村天風氏のアドバイス通りやったら無事全額返せたそうです。
ワンドロップ プロジェクト、内なる神と生きる ー 神性復古運動。
ホームページはこちらです。
ここのところ、瞑想会などで、宇宙のただ一つの法である「一つなるものの法」について良く語っています。
昔、私が書いたこの記事がリブログされているのを読んでみて驚きました。
中村三郎と名乗って、清水浦安さんに口述させたこの文章こそ、高次な宇宙存在たちが信奉する唯一無二の宇宙の法「一つなるものの法」の内容そのものだったのです。
ーーーーーーーーー
晴れたら空に豆まいて のお食事・お飲物についてはこちら

※ご予約後のキャンセル、お支払い済みのチケットの返金は承っておりません。
※ All sales are final and there are no refunds or exchanges available for tickets purchased.

calendar

10月

2018

« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031