晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2018/11/14(水)

Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 金延幸子 45年目の”み空” 追加公演

金延幸子 歌とギター ゲスト・プレーヤーズ 鈴木茂、田中章弘、浜田真理子、林立夫←new!! オープニングアクト :鈴木茂 with 田中章弘(ベース)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter
【当日券のお知らせ】
→当日券は予定枚数全て終了いたしました。
ありがとうございました。
———————————————————————-
本日の当日券、若干枚数のみ販売いたします。
15時から電話予約のみで受付を行います。03- 5456-8880
先着順で、予定枚数に達し次第受付終了とさせていただきますのでご了承ください。
なお、本日はかなり混み合いますため、お立ち見でのご案内となります。
何卒よろしくお願いいたします。
11/9にも公演ございます。こちらから
——————————————————————————
90年代にCDリイシュー、さらに2000年代にはオーストラリアやスペインのレーベルより
CDやアナログ盤のリイシューがあり、ニューヨークやロンドンにもその波の勢いは届く。
西海岸の名門レーベル、Light in the Atticの日本フォークのコンピレーションにもフィーチャーされたが、
現在世界発売を計画中の噂も出ている。

初回公演が早々に完売につき、

急遽追加公演決定!
今回は、鈴木茂、田中章弘、浜田真理子を迎えて
お届けします。お見逃しなく!
「神戸のバー・ディランにふらっと入ったら、さっちんの「み空」がかかっていた。ぼんやり詞を追って聴いていたら、ああ、これはあの人のことかって、当時の空気が原色のまま蘇ってきて、涙があふれてしまった。あの頃ライブの楽屋で年中一緒だったし、日常の愚痴も聞かされたし、さっちんは同時代の音楽家というより、はっぴいえんどの家族のようなものだった。アメリカに行ってしまってから音信不通だったがSNSでまた連絡がとりあえるのが嬉しい。カリフォルニアの山火事で逃避行した時は、ほんとに心配したし、NYのラジオに彼女が出演するときも喜びが伝わってきた。もしも彼女が日本にいてそのまま活動を続けていたら椅子を失った女性シンガーがたくさんいると思う。こうして東京でライブをするって聞いて、客席に駆けつけたいです。」
松本隆

金延幸子  歌とギター

ゲスト・プレーヤーズ
鈴木茂、田中章弘、浜田真理子、林立夫 ←new!!

オープニングアクト :
鈴木茂 with 田中章弘(ベース)

LIVE MIX by 久保田麻琴

開 18:30 演 19:30 ・ 前 4,800  当 5,300 +1D 600

本公演は、予定枚数全て完売いたしました。
ありがとうございました。

【当日券のお知らせ】
本日の当日券、若干枚数のみ販売いたします。
15時から電話予約のみで受付を行います。03- 5456-8880先着順で、予定枚数に達し次第受付終了とさせていただきますのでご了承ください。
なお、本日はかなり混み合いますため、お立ち見でのご案内となります。
何卒よろしくお願いいたします。

整理番号順入場
(店予約、Live pocketの並列)

メールでのご予約  (2018/9/26  0:00〜)

電話でのご予約  (2018/9/26  17:00〜)

Live pocket (2018/9/26  0:00〜)

金延幸子  プロフィール
大阪府出身。米国在住。
1969年関西フォークシーンで活動を開始。
この当時、真崎義博とのデュオ「アリス」を久保田麻琴が聴き、かねのぶさちこに連絡をとって以来、久保田とは今に至るまで長い友人となる。
のち瀬尾一三、中川イサト、松田幸一と「愚」として活動。
1971年、細野晴臣と共同プロデュースによるアルバム「み空」を発表するが、リリース時にはロック評論家のポール・ウィリアムスとともにすでに渡米しており、伝説のシンガーとなる。
1993年、小沢健二が日比谷野外音楽堂でのソロコンサートでBGMとして「み空」を流したことが再評価のきっかけとなる。
1999年、ビクターより久保田ミックスによりの新録のフルアルバム「Sachiko」がリリースされた。
今回は通算4回目の帰国公演となる。

 

当店のお食事・お飲物についてはこちら

 

calendar

11月

2018

« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930