晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2018/12/11(火)

菊地成孔✖️名越康文 対談
シーズン3エピソード1(vol.10)
『激動の2018年を振り返る』

名越康文   菊地成孔

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

菊地成孔HP   /名越康文HP


2015年10月の菊地さんと名越先生による「音楽は心を越境するか?」というテーマでの対談において「LGBTは病理/症状と捉えるべきか?」、「病理と捉えた場合、音構造との関係性は?」というテーマに発展したもんですから、『ココロ(心)のコトワリ(理)』とかいうタイトルをつけた時期もありました。

その後、、、子供の頃からミュージシャンになりたかったという名越先生の夢実現のためにシーズン2という体で、菊地成孔さんのピアノ伴奏による公開リハ&対談。公開リハの前には菊地さんのピアノソロ演奏という豪華特典つきシリーズが始まり、終わりは今年前半のもう忘れたいつか・・・

そして、シーズン3が始まる!! 初心にもどろう。原点回帰! 年末に今年1年を振り返る二人のトークを聞かないと年が越せないですから! シーズン3エピソード1は通し番号でvoi.10 です。

開 18:30 演 19:30・前 3,500  当 4,000  + 1D 600
入場は整理番号順/会場は畳敷き/イス席あり/要別途1Drink

ページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。
詳細はこちらをご覧ください。
Pコード:641105
———————————————————————————–

名越康文
1960年 奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に「驚く力」(夜間飛行)、「自分を支える心の技法」(医学書院)、「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」(PHP新書)、などがある。


菊地成孔
1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。

晴れたら空に豆まいてのお食事・お飲物についてはこちら

ご予約後のキャンセル、お支払い済みのチケットの返金は承っておりません。

 All sales are final and there are no refunds or exchanges available for tickets purchased.

calendar

12月

2018

« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31