晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2019/03/20(水)
TODAY

PIANO WARP × Zero One

中村卓也(Takuya Nakamura):ピアノインプロヴァイズ/ OP-1 松永誠剛 (Seigo Matsunaga) Contrabass 上野雄次 :花いけ

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

 

 

ジョンケージ、リゲティーなど現代音楽の巨匠らのフェスティバルへの参加からジョーラッセル、ローリーアンダーソン、アートリンゼイ、ロバートウィルソン、ココロージーらとのニューヨーク、ヨーロッパでのツアーもしくはフェスティバルへの参加、クインシージョーンズ、ビリーホリディーのリミックスなど多岐にわたり、アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアの国々において、90年代よりピアノ、様々な電子音響楽器、さらにエレクトリックトランペットを駆使して活動し続けている、作曲家、マルチプレイヤー Takuya Nakamuraの新しい目的を先取りして探求するあらたなプロジェクト、PIANO WARP。

 

 

この度は、東京発の花いけ最先端イベント、「Zero One」とのコラーボレーション企画にて、即興のピアノとシンセ音楽に視覚的な刺激をブレンドして、 自発的な創造の瞬間を提案します。

****************************************************************

 

PIANO WARP × Zero One

 

Live:

中村卓也(Takuya Nakamura):ピアノインプロヴァイズ/ OP-1
松永誠剛 (Seigo Matsunaga) Contrabass
上野雄次 :花いけ

 

開)19:00 演)20:00

 

前)3000     当)3500   共に+1d

 

ご到着順

 

当店のお食事・お飲物についてはこちら

 

*********************************************************

PIANO WARP
Archives 1

with NOURAH

 

*********************************************************

 

Takuya Nakamura 中村卓也

作曲家、マルチプレイヤー。アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアの国々において、90年代よりピアノ、様々な電子音響楽器、さらにエレクトリックトランペットを駆使して活動し続けている。

.

東京都出身、1994年以後、ニューヨークに拠点を移し活力に満ちたNYのミュージックシーンにおいて、それ以後なくてはならない存在となる。
彼の多様な音楽経験から創り上げられた独自のスタイルは、ジャンルにこだわらず様々な音楽を融合させ観衆と音楽評論家に刺激を与えている。

.

その活動はさまざまな音楽ジャンルに渡り、ボストン、ニューイングランド音楽院でのジョンケージ、リゲティーなど現代音楽の巨匠らのフェスティバルへの参加からジョーラッセル、ローリーアンダーソン、アートリンゼイ、ロバートウィルソン、ココロージーらとのニューヨーク、ヨーロッパでのツアーもしくはフェスティバルへの参加、クインシージョーンズ、ビリーホリディーのリミックスなど多岐にわたっている。

.

幼少期から演奏を始め、様々な音楽に接する事で音楽の才能に目覚める。東京において 様々なジャズ、ロック電子音楽などの作曲、インプロビゼーションなどの活動をはじめ、やがて国立音楽大学の作曲科に入学。
東京での活動中もそれまでの作曲技法、理論に飽き足らずみずから様々な模索を繰り返す中、1987年来日したジョージラッセルのコンサートに衝撃的に出会いリィディアンクロマティックコンセプトに興味を持ち始める。

.

それまですでに武満徹、マイルス・デイビス、ビル・エバンスらのインタービューなどでジョージラッセルの理論については多少の知識は持っていたが、国立音大卒業後、ジョージラッセル本人に学ぶためボストンのニューイングランド音楽院大学院、大学院に学ぶ。

.

ニューイングランド音楽院大学院ではさらにポ-ルブレイ、ジュリアレンらにピアノ、インプロビゼーション、ボストンシンフォニーのティムモリソンにトランペットを学ぶ。

.

さらにジョンケージ、リゲティー、武満徹、ハルメットパスカール、ムーホールリチャードのレクチャー、フェスティバルでの演奏、サン・ラーアーケストラのオープニングに参加。

さらにこの時期、ニューヨークでジョンゾーンの”コブラ”をニッティングファクトリィー、ジョージラッセルのアメリカツアーにも参加する。

.

現在ココロージー,ブルックリン・ジプシーズのツアー、さらにソロプロジェクト”ピアノ・ワープ”などでNYを中心に活動中。

.

最近のニュース

.

2013年
4月12日ルーブル美術館において
ロバートウィルソンーーーリヴィングルーム
ココロージーのメンバーとしてウクライナの前衛映画 ”Color of Pomegranates”にライブ即興で音楽を演奏。
2013年パリのサル・プレイエル
ローリーアンダーソン企画の”Transitory Life – A Retrospective, Songs and Stories”
に参加、共演する。
2016年ダウンビート誌のベスト20アルバムのひとつに演奏とプロディース,作曲で参加したHelio Parallaxの “Helio Parallax Vol.1”が選ばれる。

 

***********************************************************

上野雄次 (花道家)


京都府出身
1988年花いけを学び始める。2005年より「花いけ」のライブ・パフォーマンスを開始。

地脈を読み取りモノと花材を選び抜き、いけることの独自な世界を立ち上げ続けている。

創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。

詩人、写真家、音楽家などコラボレーションも多数。

 

***********************************************************

松永誠剛 (Seigo Matsunaga) Contrabass


photo by Yosuke Kashiwakura

.

1984年、福岡生まれ。

幼少期を義理の大叔父である作家・大西巨人の本に囲まれて過ごす。
17歳の夏をボストンの音楽院にて過ごし、その後、NYでマシュー・ギャリソン、コペンハーゲンでニールス・ペデルセンのもとで音楽を学ぶ。

.

これまで南アフリカからインドまで世界各国で演奏を行い、エンリコ・ラヴァ、カイル・シェパード、ビアンカ・ジスモンチ、ビリー・マーティン、ティグラン・ハマシアンなどと共演、活動を行っている。

.

宮古島の古謡との出会いをきっかけに世界各地の古謡の研究を始め、宮古島の歌い手、與那城美和と共にMyahk Song Book、IMA SONG LINESの活動を行っている。

.

写真家・上田義彦氏の主宰する「Gallery 916」を舞台に写真と大鼓の大倉正之助氏とのコラボレーションや舞踏作品の音楽、プロデュースや演奏活動だけでなく雑誌や新聞連載など執筆など活動は多岐にわたる。

.

2017年、”自然との再会を通じた、人間の再生”をテーマに屋久島の森を舞台にHomenaje Projectを始める。

.

現在、沖縄「宜野座村国際音楽祭」佐賀「SAGA SEA 2018-」など音楽祭のアーティスティック・ディレクターを務め、福岡の“古民家 SHIKIORI”を拠点に畑と田んぼに囲まれながら、はじめ世界中から集まる人々との対話を重ねている。

.

SHIKIORI

 

calendar

3月

2019

« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031