晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2019/03/11(月)

ピアノとサキソフォン、そしてふたりの男

後藤 魂: p / 栗原 健 :sax / SARO :tap / 西岡ヒデロー :per/tp

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

はいはいはいーーー!!!
こんなカルテットが実現するとは!!

わたくし( 西岡 ヒデロー)の大好きなジャズピアニスト後藤魂くん、今や引っ張りだこのサックス奏者 栗原健、最強の相方であり鬼のタップダンサーSAROとセッションやりますよ!

しかも晴れたら空に豆まいてにはグランドピアノがあって音も最高なんです。
やりたい曲がありすぎてコーフンしちょります。

しかもしかもなんとチャージが¥2,000!!!

月曜日のブルーな仕事帰りに是非お立ち寄り下さいませ。
最高のセッションをお届けします。

あー楽しみすぎるよーーーん♪♪♪

ご予約はお店かメンバーへどうぞ〜♪

後藤 魂: p

栗原 健 :sax

SARO :tap

西岡ヒデロー :per/tp

 

開場19:00 / 開演20:00

 

前売2,000円 / 当日2,000円

(共に1ドリンク代600円別途)

このページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。
詳細はこちらをご覧ください。

 

ご到着順

栗原 健 / Takeshi Kurihara ( Saxophone, Flute奏者/作曲/編曲 / 絵 )

群馬県出身。50年代の黒人音楽やロカビリーに憧れ、中学の同級生とバンド組み、土手でサックスを吹き始める。 雑食的にさまざまなライブ、レコーディング、セッション、ビッグバンド、路上ライブ、音楽フェスなどに参加。

小さなJazzクラブのマスター時代も。 自己のバンド”Takeshi Kurihara Quartet”での活動の他、 Jazztronik, Soil &”pimp” Sessions などに参加して国内外で演奏している。

太くアーシーかつ色気あるサウンドと野性味溢れるキャラクターが好評を博している。 オーストラリア、イギリス、中国、カザフスタンなどでも演奏経験を持つ。

これまで関わらせていただいたアーティストは、 Super Butter Dog, Scoobie Do, スパノヴァ, HERBERT, Chara, 福原美穂, Carlos Garnett, 土岐麻子, クラムボン,SARO, Going Underground, マボロシ, Soulcrap, Takizawa Kentaro,KINGDOM☆AFROCKS, cro-magnon, 荒井伝太, 清水翔太, 13 Souls, Swing-o, Kyoto Jazz Massive, DJ KAWASAKI , ROOT SOUL, 近藤房之助, 竹内朋康, Ruth Koleva, Leroy Emanuel, Joe Bataan, SHISHAMO、村田陽一オーケストラ、Monday Michiru などなど。

​ ​Musilogueレーベルのカバーアートを担当するなど、絵描きとしても活動中。

.

<主な公演歴>

.

・1996年 Herbert ジャパンツアー参加。Summer Sonic にも出演。 ・2009年〜 Jazztronik 日本公演参加。 ・2011年 Root Soul にてカザフスタンの音楽フェスティバル”Jazzystan”出演。 ・2013年 Kyoto Jazz Massive にて’上海Jazz’に出演。 ・2012年、2014年、2016年、Mountain Mocha Kilimanjaro にてオーストリアツアー。WomadやPeats ridge Fes. など大規模音楽フェスティバルやライブハウスなど1度に3週間の滞在で15公演行う。 ・2016年 Leroy Emanuel 日本公演参加。 ・2016年 Ruth Koleva日本公演参加。 ・2016年 Soil & “pimp” Sessions イギリスツアー(ロンドン、リバプール、バーミンガム4公演)に参加。 ・2016年 Joe Bataan ジャパンツアー参加。 ・2016年 Monday Michiru × Kyoto Jazz Sextet 日本公演参加。 ・2017年 フジロックなど ・2018年 Soil & “pimp” Sessions ヨーロッパツアー(ポーランド、チェコ、クロアチア、ロンドン)に参加。

⭐️

西岡ヒデロー

トランペットとパーカッションの両方をこなす。Conguero Tres Hoofers、VenueVincent、CENTRAL、Selim Slive Elementzの4つのバンドを軸に日本国内、海外ともに活動中。 これまで関わった主なアーティストは、真心ブラザーズ、JUJU、由紀さおり、シンリズム、KYOTO JAZZ MASSIVE、DJ KAWASAKI、ROOT SOUL、Mano Arriba、・・・などアンダーグラウンドからメジャーまで多岐にわたる。

後藤魂(タマシ)

横浜市出身。 大学在学中よりジャズピアノを始め、板橋文夫、大石学、両氏に師事し演奏活動をスタートさせる。以後、都内を中心にジャズ、ポップス、ラテン等様々な セッションにて演奏活動を行う。 現在は石川 周之介Quartet、 KVQ(Kaori Vibes Quartet)、Blue Dotのピアニストとして、また、青木カレン、noon、箏奏者の中しま りん、(敬称略)等、多くのアーティストと共演を重ねる。 音源制作ではユニットFaDKATにおいて、東京スカイツリー施設内の映像音楽、NISSAN CIMA、CANON、RICOH等、様々なweb CMを手がける。

 

 

SARO(サーロ)

本名 横山 禎大 (ヨコヤマ サダヒロ)

日本のタップダンサー、振付家、ミュージシャン、演出家

1982年生まれ、東京出身

.

幼少期から音楽に興味を持ち、9才でタップダンスを始め、足で音を出す不思議な魅力に取りつかれる。子供の頃から舞台やメディア等で、キャリアを積み始め10代後半からソロ活動をスタートさせる。

北野武監督作品『座頭市』に出演やアメリカの偉大なTap Master JIMMY SLYDEの来日公演ではラストのソロパフォーマーに抜擢される。

その後、音楽的でオリジナルなタップダンスのスタイルを求めてアメリカ、アジア、ヨーロッパを旅しながら多様な文化と音楽を学び続け、音楽的でグルーヴ感のある現在のタップスタイルを確立しタップダンサーがミュージシャンとしても活躍できることを体現することに尽力している。タップダンサーとしては異例のFUJI ROCK、RISING SUN ROCK FESTIVAL, 宮古島ミュージックコンベンションなどの野外フェス出演、リリース音源がiTunes Jazz Chartにて1位を記録など個性的な活動を展開している。世界での活動も積極的に行なっており香港タップフェスティバルゲスト出演や、マレーシアにて行われたAsean Japan TV festival日本代表パフォーマーの一組としてパブリックステージ、レセプションパーティーに出演。パリで開催されたJapan Expoにてソロ出演。ロックギタリスト『MIYAVI』のバンド『kavki Boiz』のメンバーとしてワールドツアーを成功させ、異色のギタートリオ『Conguero Tres Hoofers』のメンバーとしてヨーロッパ、ロシアツアー、台湾公演を成功させる。altanative band 『Venue Vincent』のメンバーとしてタイツアーも敢行し、それぞれで各国のTV、メディアにも出演。現在は、自身のバンド、ソロによるパフォーマンス、ライブなどの活動や舞台やメディア出演。様々なジャンルのアーティストとコラボレーションと多岐にわたる活動を行なっている。同時に、タップ指導やワークショップ、子供向けオリエンテーションなどを日本全国、世界で開催しており、2017年よりタップダンサーのための舞台『Tap Dance Concerto CON』
を主宰し、演出家、教育者としても精力的に活動している。

当店のお食事・お飲物についてはこちら

 

 

 

 

 

 

calendar

3月

2019

« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031