晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2021/02/24(水)

Randam Scapes
~Recorded Live Broadcast

[出演] ATSUSHI TAKAHASHI((Dance)・丈青(Pf)/(SOIL&”PIMP”SESSIONS)・タブゾン(Tp)/(SOIL&”PIMP”SESSIONS) 三宅純(Flh /Rhodes )・山木秀夫(Drs)・渡辺等(Bass)・ZAK(MIXING ENGINEER)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

2020年 7月22日に行われた、晴れ豆企画 即興session series ~Randam Scapes vol.1.、世代、ジャンルを超えた、気鋭、稀代のArtist達による予想不可能なspecial free session企画配信の再放送が期間限定で決定!!

都内屈指のsound systemを誇る、晴れ豆会場での上映も行います。

配信でお家で期間内お好きな時間に、会場ではLiveさながらの音質と音量で上映します。

今後の再放送予定はございませんので、お見逃しなく!!

 

 

 

 

ATSUSHI TAKAHASHI((Dance)

丈青(Pf)/(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

タブゾンビ(Tp)/(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

三宅純(Flh /Rhodes )

山木秀夫(Drs)

渡辺等(Bass)

ZAK(MIXING ENGINEER)

 

 

 

 

◇配信◇

2月24日
START 18:00~
◇配信期間/Recorded  Live Broadcast

2月24日〜2月27日 (22:00)まで

 

==========

◇チケット/ TICKET◇

【録画配信 チケット】

¥2.000〜

¥2.000から視聴可能です。料金は¥2.000からご希望の金額をご自由にお求めいただけます。
2月24日〜2月27日 (22:00)まで、期間内はお好きな時間にご視聴いただけます。
会場上映観覧チケット 】
2月24日 18:00
¥2000 +1d 600(ご来場の際に、drink代として¥600を頂戴致します
open/start  17:30/18:00
◉こちらのチケットご購入のお客様には、配信URLもお送り致します。
(2月24日〜2月27日 (22:00)まで視聴可能)
◉定員(60名さま)に達しましたら、締め切りとさせて戴きますので、ご予約をお早めにお願い致します。
◉ご来場の際は、お店の徹底した感染症対策をご確認、ご協力お願い致します。
.
.
こちらからご購入ください。

■チケット代金お支払い後に、チケット販売サイトから配信をご覧いただける リンクのお知らせが届きます。

注意:

■本配信の録画・録音等は一切禁止です。

■本配信の一切の権利は主催者が有します。動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。

■一度購入したチケットはいかなる理由があってもキャンセルできません。ご了承ください。

■Youtubeチャットでの公序良俗に反する発言など、他のお客様のご迷惑になる行為はおやめ下さい。

 

*profile*
1979年2月7日東京生まれ。
1996年にストリートダンスを始め、様々なイベントやライブに出演。
2001年から、Dragon Ashのメンバーとして活動し、数多くのビッグフェスでのライブや全国ツアー、そしてレコーディングなどを経験。
2006年にソロダンサーとしても国内外の各地で活動開始。
数多くのアーティストとセッションライブを行い、近年では、美術館や博物館、社寺などの歴史的建造物でも舞踊を行い、各地の伝統芸能ともコラボレーションも行っている。
ファッションショーにも多数出演し、パリコレにも出演。
海外では、アジア、ヨーロッパ、アメリカにてパフォーマンスを行い、ロシア文化フェスティバルのアンバサダーを務めた経験もある。
2009年に生命力の素晴らしさ尊さを伝えていくプロジェクト「POWER of LIFE」を発起し、代表として活動開始。2011年3月11日の東日本大震災以降は、宮城県塩竈市にて野外フェスティバル「GAMA ROCK FES」を2012年に立ち上げ、毎年9月に開催している。
今までの様々なステージで得た経験により、ジャンルや枠にとらわれない踊りと体をいかしたダイナミックな踊りを信条とし、ダンサーとして、独自な表現者の道を進んでいる。
.

丈青

ボーカリストである母の影響で、3歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。また同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。1997年に本格的にジャズピアニストとしての道を歩むことを決意。鈴木勲のバンドへの参加を機にジャズシーンに広くその名が知れわたり、一躍トップピアニストとしての地位を確立。

2003年にSOIL&”PIMP”SESSIONSに加入、メジャーデビューを果たす。Gilles Petersonに認められたことから活動が世界規模へと発展、2007年には同バンドから派生したピアノトリオJ.A.Mを結成、これまでに3枚のアルバムをリリースする。ソロとしての活動では日野皓正、菊地成孔らと共演し絶大なる支持と信頼を獲得。類い稀なるリズム、グルーヴへの感覚、幼年期より養われた広汎な音楽的造詣をもとにした清新なソングライティングや鮮烈なイメージを喚起するインプロヴィゼーション、クラシックを素地とする卓越したタッチは、José James, Jamie Cullum,といったトップアーティストからも賞賛される。次代のジャズを担う最重要人物のひとりとして、世界的に注目される存在である。2014年10月、初のソロピアノ作《I See You While Playing The Piano》をリリース。

さらに2017年5月にJ.A.Mの約5年ぶり4枚目のアルバム「Silent Notes」をリリース。

そして2019年12月4日にSOILとして約1年半ぶりにオリジナルアルバム「MAN STEALS THE STARS」をリリースする。

 

タブゾンビ

鹿児島県出身。

ライブ・パフォーマンスを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気をただよわせながらも、ラフでエンターテイメント、バースト寸前の”爆音ジャズ”を展開する、SOIL&”PIMP”SESSIONSのトランペット担当。国内はもとより海外でも人気を博し、イギリスの世界最大級のフェスティバルである”グラストンベリー”や、スイスの“モントルー・ジャズ・フェスティバル”、オランダの”ノース・シー・ジャズ・フェスティバル”などの大規模ジャズ・フェスなど、これまでに世界31カ国、100公演を超える海外公演を行ってきた。また、SOILでの活動の傍ら、加山雄三率いるTHE King ALL STARSのメンバーでもあり、様々なアーティストのレコーディングにも参加している。さらに2018年から地元鹿児島にて開催されたフェス「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL」の発起人でもある。

 

三宅純

ジャズをルーツに、異種交配の限りを尽くし、時代に欠落した音楽を作ることを 目指して映画、CM、ダンス、舞台、ドキュメンタリー など様々なジャンルの作品に楽曲を 提供してきた稀代の作曲家。ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、フィリップ・ドゥクフレ、オリバー・ストーンなど、世界の名だたるアーティストから賞賛を受け、主要な楽曲を提供した『ピナ/踊り続けるいのち』(ヴィム・ヴェンダース監督)ではアカデミー賞にノミネート、ヨーロッパ映画賞でベスト・ドキュメンタリー賞を受賞、オリジナル・アルバム『Stolen from strangers』『Lost Memory Theatre act-1』『同act-2』が3作連続でドイツの音楽批評家大賞を受賞するなど、パリを拠点に世界的に活躍、2016年8月のリオ・オリンピック閉会式における「東京プレゼンテーション」では、前代未聞のアレンジによる「君が代」は日本中が驚嘆した。近年手がけたサウンドトラックに、映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」、「嘘はフィクサーのはじまり」「浮世の画家」「人間失格:太宰治と3人の女たち」などがある。

.
山木秀夫・ドラマー
ロック、ジャズ、アバンギャルド・・・ジャンルの枠を超え
日本のみならず、海外NYに拠点をおき活動中。
山木秀夫コレクション主宰。
晴れたら空に豆まいて では、Jojo Mayer氏とデュオ、Arto Lindsay氏とデュオ以来。
日本では滅多に聞くことができない山木秀夫のアヴァンギャルド、フリー演奏炸裂!!
2020/4/2   Bill Laswellソロアルバム「Against Empire」参加。
.
19歳よりプロ活動を開始。エレキ&ウッド・ベースやチェロに加え、マンドセロ、ブズーキなど特殊な弦楽器に対する造詣も深く、ジャンルにとらわれない幅広い活動を行う。
セッションプレイヤーとしてのレコーディング参加は枚挙に暇がない(レコーディング参加リスト)プロデュース、アレンジ依頼も多く、多忙な日々を送っている。
ソロアーティストとして、これまでに5作品をリリース。12弦フレットレスギターを駆使してレコーディングした「Two Doors」では、サウンドプロデュースに、エミー賞常連のDavid Schwartz氏を起用。ロサンゼルスのトップミュージシャン達とセッションを行い絶賛される。
2019年に参加したコンサート(敬称略)
森山直太郎(ツアー)、仙波清彦とはにわオールスターズ、Misia、徳永英明(ツアー)、梁邦彦(韓国ツアー)、勝沼恭子+三宅純、Randam Scapes 、菅野よう子 SEATBELTS オンライン七夕祭り、葉加瀬太郎コンサートツアー2020

calendar

7月

2021

« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031