晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2022/02/05(土)

晴れ豆のかりゆし〜ヤポネシアの春節〜

[出演] SUGEE×tatsu / 越路よう子とザ★エレガンツ / KAOLY(Gocoo)/ 小島千絵子(鼓童)/ のーりー(いのちの歌)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

お知らせ

小島千絵子(鼓童)さんの出演がキャンセルになりました。

ご予約いただいた皆様には大変申し訳ありませんが当公演の内容を1部変更とさせていただきます。ご本人の健康状態につきましてはご心配要りませんのでご安心ください。楽しみにしてくださっていた皆様には心よりお詫び申し上げます。

以下、小島千恵子さんからのメッセージとなります。

=========

楽しみにして頂いていた皆様、そして出演者スタッフの皆様、本当にごめんなさい。新型コロナウィルスの陽性の判定を受け、ヤポネシアの春節に参加できなくなりました。私も今日まで指折り数え楽しみにしていました。悔しくて仕方がありません。きっと必ずや 晴れて全員参加のライブを実現させて頂きます。 今日のライブ、私は画面越しに参加します。

=========

また、今回参加してくれる華道家の平間磨理夫さんにはただいま(2423)素晴らしい装飾を施していただいています。

また、他にも当日召し上がっていただく貴重なイラブー汁の料理や泡盛もご準備させていただいています。また、急遽参加してくださることになった千夏子さんによるお香なども先ほど準備を終えました。

小島千絵子さんがいらっしゃらないのはとても寂しいことではありますが、お越しいただく皆様に満足していただけるような素敵な一夜に出演者、スタッフ一同全力で最高の空間を創りたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

無料配信!

ご視聴はこちらから↓ 投げ銭はこちらからお願いいたします→https://yaponeshia0205.peatix.com/

 

 

SUGEE×tatsu

越路よう子とザ★エレガンツ

KAOLYGocoo

小島千絵子(鼓童)

のーりー(いのちの歌)

 

 

開場 18:30 / 開演 19:00

 

 

 

前売4500円 / 当日5000円
イラブー汁付き

 

配信:無料 ( 投げ銭はこちらからお願いいたします→https://yaponeshia0205.peatix.com/)

 

このページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。
詳細はこちらをご覧ください。

 

整理番号順

 

 

[プロフィール]

SUGEE(スギ)

ボーカル&パーカッション。
’95年頃より、沖縄、東南アジア、中南米、キューバ、西アフリカ等を旅し各地のシャーマンとの交流の中から、自らのスピリチュアリティ(霊性)とクリエイティビティ(創造性)に目覚める。
帰国後はボーカル&ジェンベ奏者としてFUJI ROCK FESTIVALをはじめ様々なフェスやイベントに出演。
2010年自身のバンドTheARTHから1stアルバム「CHOCOLATE OCEAN」、2014年2nd アルバム「DRAGON PLANET」をリリース。
また群馬館林で自ら栽培する熱帯植物を使った空間コーディネーターとして、東京都内を中心に様々な都市空間の創造に携わっている。
2016年10月美空ひばりの『リンゴ追分』のカバーも収録したEP(ミニアルバム)「UMI NO RINGO」をリリース。
2017年、二度目となるフジロックフェスティバルに出演を果たす。
2019年4月1stソロアルバム「Back to Goddess」、2020年12月9日アナログ12インチ「花神」をリリース
2002年より通い続けている沖縄の聖地「久高島」において「ヤポネシア音楽祭」を開催すべく準備中。

web site : https://www.shamansugee.com

blog: https://shamansugee.net/

Instagram : https://instagram.com/shamansugee

Facebook : https://www.facebook.com/SUGEE.official

 

越路よう子

SONY所属アーティストを経て北島三郎音楽事務所にて音楽活動を続ける。

その後横浜にて『越路姉妹』を結成。主な楽曲の作詞・作曲ボーカルを務める。

久保田麻琴氏プロデュースによるアルバム「混浴」をリリース。

コンディショングリーンのヒゲのかっちゃんとの共作ミニアルバム「かっちゃんの進む方向」、

更に「matsuri」「codomo earth」を発表。その他、ザ★エレガンツの作詞作曲ボーカルを務める。また全国でソロ弾き語りライブも展開中。

Yoko Koshiji

After working as an artist belonging to SONY, continued his musical activities at Saburo Kitajima Music Office.

After that, he formed “Koshiji Sisters” in Yokohama. Serves as a lyricist and vocalist for major songs.

Released the album “K O N Y O K U” produced by Makoto Kubota.

A mini-album “Kacchan’s Direction”, co-produced with Condition Green’s mustache Kacchan,

In addition, “MATSURI” and “CODOMO EARTH” were announced. In addition, he is the songwriter and vocalist of The Elegants. In addition, live solo concerts are being held nationwide.

 

淺野香 あさのかおり (KAOLY) 和太皷奏者

1997年、和太皷バンドGOCOOと、和太皷道場TAWOOを始動。

今年25周年、変わらぬメンバーで迎えるバンドGOCOOをリーダーとして牽引し続ける。

独自のスタイルと音楽性、精神性で、伝統芸能や郷土芸能の枠を超えた、

和太皷の根源的かつ、新たな境地を開き、GOCOOは世界各国に活動の場を広げる。

EUを中心に、世界五大陸各地の大型フェス等に、音楽のジャンルを超えて招聘され、

延べ40カ国およそ250回のライブを行ってきた。

2009年にはNEWSWEEK誌の「世界が尊敬する100人」に選ばれる。

Matrix Reloaded」「Matrix Revolutions」のサントラに日本から唯一参加。


ソロとしては、2020年にアメリカで開催されたHERbeatコンサートに、日本を代表する 女性太皷奏者として出演。2022HERbeat Movieが完成予定。

一方で日々、太皷道場TAWOOでの指導を続け、国内外に 兄弟道場の縁を広げる。

また ヨーロピアン太皷カンファレンス2018、ワールド太皷カンファレンス2020UK TAIKO FESTIVAL2019kaDON アメリカ 太皷リトリート2019 等々
世界の太皷界にそのスタイルとスピリットを 伝えている。

GOCOO www.gocoo.tv

TAWOO www.tawoo.tv

 

小島千絵子
1976年「佐渡の國鬼太鼓座」に入座。1981年「鼓童」創設メンバーで、太鼓中心の舞台の中で独自の舞踊の世界を切り拓いている。鼓童の舞台と同時に女性3人のユニット「花結」を立ち上げ、さらに新たな出会いを求め、ソロ・パフォーマンス「ゆきあひ」などを展開。国内外のアーティスト、太鼓グループとの共同制作を繰り広げている。2006年「アマテラス」で初代アメノウズメを演じ、鮮烈な印象を残した。2012年、鼓童名誉団員に選定。同年、文化庁文化交流使としてヨーロッパをまわる。2012年より4年間「鼓童佐渡特別公演」の演出を務める。また道成寺物語をもとに太鼓と舞の舞台作品を作り、2015年には初の写真集『襲の清姫物語り』を発表した。近年は長年培ってきた日本文化に根ざした舞や踊り、自身の代表演目「花八丈」を題材に各地でワークショップを展開、女性ならではのしなやかな太鼓表現をテーマに力を注ぐ。
2019年、芸歴40周年記念公演「鼓童 千の舞」を開催、一期一会の舞台をDVDに残し発売した。

 

のーりー(羽鳥則子)沖縄県在住

森羅万象*いのちの声を届けるアーティスト

心の世界を探求するうちに『人を施す仕事がしたい』という思いが芽生え、2002年に脱サラし、アメリカでキネシオロジー学び衝撃を受ける。
人々の心身に触れるうちに、自然と声が開き、様々な音が口から出るようになる。その音はメロディがあるもの、ないもの、聞いたことのない不思議な音まで多岐に渡った。そんな中、2018年ある専門家との出会いで、生まれながらにして特殊な声を持つことを告げられる。そしてこの声には人の心と身体に化学反応を起こす力があると言われ、改めて表現をしていく決意をする。聴いた人は、懐かしい、涙が出るという人が多数。現在、即興ピアニストの友人と1stアルバムを制作中。時間と空間を超えた《いのちの声》を、唄・舞・絵・言葉で伝えている。
HP https://www.amanooto.net

 

calendar

5月

2022

« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031