晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2022/05/31(火)

マイア・バルー 急遽来日ライブ!

[出演] マイア・バルー/Opening Act: ylang ylang(イランイラン)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

9月に出る新譜を控えて3枚のシングルをリリースしたマイアが、急遽東京でソロライブ が決定!!

 

 

マイア・バルー

Opening Actylang ylang(イランイラン)

 

開場 18:30 / 開演 19:30

 

 

前売 2.500 / 当日 3.000

(ともに1ドリンク代¥600別途)

 

 

店頭へのメールおよび電話からご予約ください。

☎️:03 5456 8880

スクリーンショット-2021-06-06-9.03.21.png

 

マイア・バルー

東京生まれ、パリ育ちの日仏シンガーソングライター、フルーティスト&マルチミュージシャン。

日本民謡からフレンチラップ、フルートの即興からエレクトロ、グルーヴからポップスとマイア・バルーの音楽は想像超えるところで混ざり大胆でユニークであり、モダンとルーツの間の道を常に開拓中だと彼女は言っている。

仏人の歌手の父ピエール・バルーと江戸っ子の画家の母の元、小さい頃から世界中を巡り様々な音楽を吸収。ブラジル漫遊中に聴いた音色に感銘を受けたのをきっかけにフルートを始め、パーカシヴで激しくかつ尺八に似た様な音色や歌を声を交えた独自のスタイルを獲得する。

東京で高校生の時からフルーティストとしてプロ音楽活動を始め、ロック、アフリカ、ブラジル系、DJやバーレスクダンサー、シャンソン歌手、ストリッパーの伴奏などジャンル問わずに数々のコラボを重ねる。 18歳の頃、ネオちんどんバンド、「かぼちゃ商会」と運命的な出会いをし急遽サックスを独習、担当した。 その後「ちんどんブラス金魚」のメンバーとしてもサックスとフルートを吹きかつ作曲と編曲を手がける。 同じ年にソプラノ歌手深川和美とDuoを組みアルバム「アミチエ」を製作し発売。2005年より『CABARET SHINJUKU』(日本の個性派ミュージシャンをフランスに 紹介し日仏音楽の橋渡しをするイベント)のプロデューサーを務め、レ・ロマネスク、日比谷カタン、桃梨を引き連れ2回に渡るフランスツアーを成功させ、 彼女が日本で出会った数々の日本のアーティスト大集合の初プロデュースオムニバスアルバム、“KUSAMAKURA”がフランス、カナダ、日本で発売する。

2004年父、ピエール・バルーの3ヶ月に渡る全国ツアーに同行し奄美大島で演奏した際、島唄に感銘を受け、その後中村瑞、中孝介らの若い世代の唄者たちのアルバム6枚にフルートで参加。次第に独学で島唄のテクニックを学び自分の音楽にブレンドしていくようになる。

2006坂本龍一のレーベル、『コモンズ』からオムニバスアルバム“にほんのうた”に参加し日本の初ワルツだと言われている「美しき天然」を編曲し歌った。

2007年からAbu(e.bass)と駒澤れお(African percussion)と共に始めて歌を主体とした自分のバンドを結成し5年間のあいだ全国を周る。 2009年にクリス・ペプラーの熱狂的なラブコールでJ-WAVE/TOKIO HOT 100 awardsのオープニングアクトを担当する。その後EARTH DAY TOKYO、FUJI ROCK、Gilles Petterson presents WWフェス (@Liquid room )などにも出演。 2010年、佐藤タイジ[THEATRE BROOK]をプロデューサーに迎えたアルバム「地球をとってよ!」が全国発売&配信開始。また、イベント「地球をとってよ!」@代官山UNITはOKI、ダブルフェイマス、Shing02、Buffalo Daughterらを迎え数年続けた。

2010年PARCOのコーポレートキャンペーン「Love human」のアイコンに抜擢され4本の宣伝に出演しパルコの依頼の元「Love human」作詞作曲する。パルコ劇場での初のホールコンサートはSOLD OUT。

その後清水靖晃、 Arto Lindsay、Cyro Baptista, Kip Hanrahanなど世界の巨匠とライブやコラボレートもし話題を呼ぶ。

2011年よりフランスの名プロデューサーマルタン・メソニエ氏 (Fela Kuti, Robert Plant & Jimmy Page, Khaled, Don cherry, Manu Dibango..) と出会いフランスに拠点を移し日本の民謡と電子音をミックスした新しいプロジェクトを一緒に開始し新譜 2015年「KODAMA」をリリース。その後5年間ヨーロッパ中心に活動しドイツ、スイス、スエーデン、ロシアと数多くの海外フェスに出演し最強のパフォーマーとして話題を呼ぶ。特にドイツとスエーデンにファンが多く、現地メディアは彼女をパンクシャーマンと命名した。

同年、中村中に誘われ、美空ひばり23回忌イベント”HIBARI 7 DAYS”に中納良恵と共に参加。

2015年アニメ「アカメが斬る」の「chant de Roma」で作曲家岩崎琢に誘われオーケストラと共に歌を収録。

その後3年間のロンドン滞在を経てマイアは新しい土地で更に進化し、ひとり音楽世界を深めていったのち新譜『Aïda / 間」が生まれた。(リリースは9月)

彼女が本来持っているユーモアや距離感を持って難しいテーマ、亡命、アジア人に対する差別問題やフェミニズム、アイデンティティ問題などを歌っているオリジナルに加え前のアルバムと同じく日本の民謡をアレンジした曲もいくつか入っている。「東京音頭」や「花傘音頭」「リンゴ追分」「大漁歌い込み」にフレンチラップが混ったりと日仏が今までにない域で混合しているだけではなくそこに大事なグルーヴが加わり彼女が長年培ってきた独自の音楽感とネオプリミティブサウンドで更に進化した唯一無二のマイアサンドの作品になっている。

フランスでは多々のプロジェクトに参加し、芝居の音楽監督を担当したり名ダンサー、サチエ・ノロの新しいダンス作品の音楽をライブで務めるなど音楽以外のシーンでも活躍中。

2021年6月アイススケーターの高橋大輔と村元哉中選手が北京オリンピックを狙った選手権にマイア・バルーのソーラン節を使うと発表し日本でマイアの歌が再度注目される。

同年末秋から今年にかけて日本ではHiplandから「TOKYO ONDO」「SUSHI」「TAIRYO」と3枚のシングルとミュージックヴィデオをリリース。

ylang ylang(イランイラン)

アンビエントソングライター、音響クラフト系ともいうべき独特のスタンスで創造を続ける女性アーティスト。2017年ディスクユニオン主催DIMオーディションに最終合格。才気あふれるガールズクラフトミュージックを開花させた1stアルバム”MUSIC MAKES MY…”で2018年デビュー。同年「レコードの日」にはアナログ7インチシングル”Sun
Shower”をリリースし、ライトポップな側面もアピール。2022年、その表現力と完成度が話題となった3曲の先行配信シングルを経て、2ndアルバム”Inner
Tongue”をリリース。
奔放に浮遊する声、ノイズ、静けさ、薄明、カタルシス…。真実を見透かすような、艶めきつつも醒めたアンニュイヴォイスを響かせ、無二の存在感を放つ。

Supported by
Avec le soutien de l’Institut français de Tokyo 
アンスティチュ・フランセ 東京

calendar

7月

2022

« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031