晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2023/02/17(金)

ラリーズの夕べ

[出演] DJs :Misha Maeda・松山 晋也・taniyan
Liquid light show : Overheads Classic +liquidbiupil

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

DJs :

Misha Maeda

松山 晋也

taniyan

Liquid light show : Overheads Classic+liquidbiupil

 

協力:The Last One Musique

 

open/start 18:30

 

adv/door ¥3.000/¥3.500 共にdrink代別途¥600

 

ご到着順入場
このページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。
詳細はこちらをご覧ください。
*整理番号入場
.
profile)

Overheads Classic

Liquid Lightingアーティスト助川貞義とtaniyanからなる、OHPとSlideProjectorをミックスした幻想的なLight Showを展開している光・映像チーム。
溶けあう光と映像、極彩色に変容して行く空間。
サイケデリックな視覚体験は、時空を超えたコズミックな世界に誘う。
多様なスクリーン(パラシュート・ネット等)を使用した立体投影や建築物、森の木立への野外投影により、数多くのParty & Festivalでユニークな異空間を出現させている。
2021年から「裸のラリーズ」オフィシャル盤リイシュー発売記念リスニング・パーティーでライトショウを担当している。

・liquidbiupil(リキッドビューピル)


リキッドライトという手法を用いてステージを演出するライトショー・ユニット。
オーバーヘッド・プロ ジェクターやスライド・プロジェクターを駆使して投射されるサイケデリックな世界は、光の魔術師と賞され、国内外のアーチストのステージを彩っている。

松山晋也 まつやましんや
音楽評論家。79年から90年代まで裸のラリーズのライヴに通い、LPを出そうとするも頓挫。2022年のリヴィスタ盤再発では、『MIZUTANI』のライナーを執筆。著書「ピエール・バルーとサラヴァの時代」、「めかくしプレイ:Blind Jukebox」、編・共著「カン大全~永遠の未来派」、「プログレのパースペクティヴ」。
Misha Maeda

裸のラリーズ愛好家。現在インスタグラムによる裸のラリーズ・ファンサイトを運営。
2022年3月24日、SUPER DOMMUNEで『The OZ Tapes』のリリース記念番組『Les Rallizes Dénudés 「夜、水谷孝の夜」R.I.P.5HOURS!!!!!」に裸のラリーズ有識者としてライヴストリーミング・プログラムに出演。
2022年9月20日、ライヴハウス国立地球屋にて開催された「ラリーズの夕べ」in LUNA MAGIC 2022 BackstageにDJ Mishaとして初DJに挑戦。

 

calendar

6月

2024

« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930