晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2024/06/18(火)

Devendra Banhart
Gyan Riley
Noah Georgeson

Japan Tour 2024

[出演]
Devendra Banhart
Gyan Riley
Noah Georgeson

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter
フリー・フォーク、アンビエントからサイケデリック・ロックまで内包したオーガニック・サウンドで圧倒的な存在感を放つ奇才「デヴェンドラ・バンハート」、ストロークスを手掛けたことでも有名なプロデューサーの「ノア・ジョージソン」、長年の盟友であり2021年には深く静謐なアンビエントアルバム『REFUGE』を共同で出した両者に加え、ミニマル・ミュージックの巨匠テリー・ライリーの息子にしてギタリストとして多彩に活躍する「ギャン・ライリー」を迎えた3guitarの特別編成でのJAPAN TOUR 2024、追加公演が決定!!

Devendra Banhart ・ Gyan Riley ・ Noah Georgeson

open/start   18:30/19:30

 

[Ticket]

 

adv/door  8.000/8.500 

限定 125名様  / 125 people Limited

[座り席+後方立ち見 / 110 seat&standing area]

 

チケットはこちらから
Buy Ticket→

*店頭予約は行なっておりません。
No handling at the Venue

整理番号順入場
Admission in order of reference number
_profile)

 

Devendra Banhart

デヴェンドラ・バンハートは1981年5月30日 、アメリカ、テキサス州ヒューストン生まれの男性シンガー・ソングライター。
ベネズエラで育ち、母親の再婚を機にロサンゼルスへと移住する。
12歳から曲を書き始め、サン・フランシスコのアートスクールにも通うが、アメリカ国内をはじめパリにも住む経験を持つなど、世界各地を転々とする。
2000年頃からLA近郊でライヴ活動を開始し、2002年に1stアルバム『Oh Me Oh My…』をリリース。
その後、2004年に『Rejoicing in The Hands』、『Nino Rojo』、2005年に『Cripple Crow』をリリースし、他から影響を受けることのないその美学で、神秘的、伝統的、かつサイケなサウンドを生み出す。
カエターノ・ヴェローゾからエルヴィス、ビートルズ、イギリス諸島のフォーク・ミュージック、現在では消滅してしまっている1930年代のフォーク・ミュージックを独自の詩的な視点でフリー・フォーク~サイケデリックなロックとして展開している。
様々なオーガニックな音楽スタイルを吸収するその姿はまさにハイブリッドである。
シャネルのモデルを務めたこともあるワイルドかつ美麗なルックス、その特異なキャラクターはファッション/カルチャー・シーンでの注目も集めている。
2006年のサマーソニックで来日を果たし、ビーチ・ステージでのトリ前を務めその存在感を印象づけた。ベックとの交友関係も有名であり、2007年11月にリリースされた『Smokey Rolls Down Thunder Canyon』には、クリス・ロビンソン(ブラック・クロウズ)、ニック・ヴァレンジ(ザ・ストロークス)、人気俳優:ガエル・ガルシア・ベルナル、伝説的ミュージシャン:ヴァシュティ・バニヤン、リンダ・バーハックスが参加していたことも話題になった。
「Carmensita」のPVでは当時のガールフレンドであったナタリー・ポートマンと共演していた。
2008年6月にはLA:ハリウッド・ボウルにて行われたジルベルト・ジルのライヴにも出演し、Megapussという別ユニットでもアルバムを発表した。
そして2009年、Warner Bros.に移籍し『What Will We Be』をリリース。
2013年にはノンサッチに移籍し『MALA』をリリース。
2015年にはドイツの出版社から初のアートブック『I Left My Noodle on Ramen Street』を上梓、2016年『Ape in Pink Marble』をリリース。2019年のアルバム『Ma』制作をきっかけに、かねてから親交のあるノア・ジョージソンと共にアンビエント・アルバム『Refuge』を2021年にリリース。

 

 

Gyan Riley

ジャズやワールドミュージック、ポストミニマリズムの分野を垣根なく渡り歩く、アメリカのミュージックマシンだ。
ーThe New Yorker

6歳の時、Gyan はバイオリンを習い始めた。
5年後に幸運が訪れ、くじで当てたギターを手にした彼は、スズキ・メソードをギコギコとこなす音から両親を解放し、即座に長時間の練習に励むようになる。
やがてはサンフランシスコ音楽院にギターの学生として初めて奨学金全額支給で入学するに至った。20代、Gyan は World Guitar Ensemble や Falla Guitar Trio、Modern Mandolin Quartet 、彼自身の Gyan Riley Trio など様々な合奏団と世界中をツアー。

2010年にニューヨークへ移住した彼は、Nels Cline や Lee Ronaldo との共演歴を誇り、ジャンルの領域を拡げるエレキギターカルテット Dither に加盟。
また、バイオリニスト Timba Harris と結成したデュオ Probosci ではアルバム2枚を発表し、ヨーロッパや南アメリカ、全米を精力的にツアーする。
さらに、至高のクラリネット奏者 Evan Ziporyn、そして象徴的なバイオリニスト・歌手である Iva Bíttova とのアコースティックトリオ Eviyan を結成。

2015年には、John Zorn による音楽を著名なギタリスト Julian Lage と共演するコラボレーションを開始。過去2年の間には伝説的ギタリスト Bill Frisell を迎え入れ、トリオとして Tzadik レーベルからアルバム4枚を発表。
また、父親であり、作曲家・ピアニスト・ボーカリストの Terry Riley とも精力的に共演し、2枚のアルバムを発表している。現在 Gyan はボーカリスト Arooj Aftab と3ヶ月に及ぶヨーロッパ・カナダ・アメリカ合衆国のツアーを敢行中。Arooj の2021年度グラミー賞受賞作の曲「Mohabbat」では顕著にフィーチャーされている。Gyan は6枚のソロ名義のアルバムと、何十枚ものコラボ作品を世に送り出している。

ごく最近では、Ken Burns と Lynn Novick によるPBSドキュメンタリー映画「Hemingway」のサントラの作曲と演奏で全面的にフィーチャーされている。

ツアー日程、映像や音源、アルバムや楽譜などは www.gyanriley.com にて。

美しく、かつ謎を秘めている。
魅惑的で親密な雰囲気が、初音から繰り広げられる。

ーThe New York Times

 

NOAH GEORGESON

ノカリフォルニア出身のミュージシャン、プロデューサー。
ジョアンナ・ニューサム(Milk-Eyed Mender)、デヴェンドラ・バンハート(Cripple Crow)、メイソン・ジェニングス、バート・ヤンシュ、アリス・フィビールーらのプロデュースで知られている。

ノア初のソロアルバム「Find Shelter」は、2006年11月28日にPlain Recordingsからリリースされた。アルバムは1999年から2003年にかけてサンフランシスコとネバダ・シティでレコーディングされている。

 

 

 

 

 

 

【晴れたら空に豆まいて/ HareMame Tokyo
東京都渋谷区代官山町20−20モンシェリ代官山B2F(東横線代官山駅から徒歩1)

代官山駅 中央改札を抜けた正面のポストを超えて
さらに進んだ右手のビルB2Fです。

駅からの道順動画

HPhttp://haremame.com
twitterhttps://twitter.com/haremame/
instagramhttps://www.instagram.com/d_haremame/

 

 

ご購入いただいたチケット代金の返金、キャンセル、交換は承っておりません。
枚数と金額にご注意ください。

万が一イベントが中止になった場合などは返金させていただきますが、
コンビニ支払いのお客様、もしくはクレジットカードでのお支払いのお客様でも購入後50日を経過した場合、返金の手数料340円のみご負担いただく場合がありますことご了承ください。

 

Peatixのご予約番号は「チケットを表示」とした際の「#」の番号になります。

IMG_2132.jpeg

IMG_2133.jpeg

 

calendar

6月

2024

« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930