晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2018/07/09(月)

Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018 with mei ehara

Alice Phoebe Lou / mei ehara

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter
 偽りない歌詞と素朴な美しい声で、パフォーマンス動画が脅威の再生数!
世界が注目する南アフリカ出身(現在はベルリンを拠点に活躍)のシンガーソングライター|Alice Phoebe Lou(アリス フィービー ルー)。
ドイツ・レコード批評家賞にて、ベスト・フィメール・アーティストにノミネートされたデビュー・アルバム『Orbit』を引っさげた初来日Tourがついに決定!!
共演は、詩情に満ちたメロディー、柔らかくも芯の通った歌声、まろやかな日本語の響きに、凛としたフォルム、インディーシーンで支持を集めてきた、カクバリズムの新鋭・mei ehara!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
出演)
 
開)19:00   演)19:45
前)3500    当)4000 共に+1d 600
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■Alice Phoebe Lou/アリス・フィービー・ルー
南アフリカの山の裾にて、両親のレコードを聴きながら、大好きな演劇、美術、そして音楽を、地元のシュタイナー学校で学び、彼女の独自性と、枠に捉われない、あらゆるスタイルの音楽を体験したいという精神を育む。
複数分野にとんだクリエーティビティーと、将来への冒険心が身を結び、2010年、16歳のアリスは、ヨーロッパを放浪。
パリの路上のファイヤーダンサー達にインスピレーションをうけ、彼女自身も旅の資金を調達するがために路上でバスキングを開始。
放浪中にたどり着いたベルリンの魅力にどっぷりとのめり込み、その放浪的なライフスタイルをクリエイティブな原動力として、ベルリンでのストリートパフォーマンスをベースに活動を開始する。
ベルリンの妥協を許さぬアーティストコミュニティー、ストリートでの演奏がアリスの音楽を育み、彼女は次第に、アコースティック、エレクトリック、ジャズミュージシャン達とセッションを始め、その中で出会った、マルチインストロメンタリスト、マテオとユニットを結成。
この頃には既に何社からのメジャーレーベルからのオファーを請けるも、彼女はファンとの親密なな関係、自由な作品の創造を重んじ、ベルリンとケープタウンの両都市にて、五人のプロデューサーを起用した初の作品集 「The Momentum EP 」をセルフリリース。
その後もストリートパフォーマンス、メジャーアーティストとの共演などを繰り返し、2016年に枠に囚われない彼女のフリーなライブスタイルを凝縮したフルアルバム、[Orbit]をリリース。
美しいルックスと、世界を放浪して培った経験、生まれ持った自由な精神から紡ぎ出された、レトロビートニックメロディーと称される独自のスタイルで、今世界中で注目を集め始め、去年よりヨーロッパを中心にWorld Tourを開始。
ベルリン、ロンドンでのTEDやSXSWでのパフォーマンス、RODRIGUEZの南アフリカ・ツアーでのオープニングなどが話題となった。
2018年7月初めてのジャパン・ツアーと、アルバム「Orbit」(ボーナストラック付き)の日本発売が決定。
今ベルリンで最も注目すべきアーティストである。
***********************************************************************************
■Alice Phoebe Lou『Orbit』
アリス フィービー ルー / オービット
DDCB-12358 | 2,315+Tax | 2018.07.04 Release | 
[収録曲]
1.Girl On An Island 2.Society 3.Red 4.Take Flight 5.Haruki 
6.Walking In The Garden  7.Amsterdam 8.Orbit 9.The City Sleeps 10.She[Bonus Track]
ベルリンのストリートでライヴ演奏をしながらブルージーなフォーク・サウンドを発展させたサウンド、偽りない歌詞と素朴で美しい声で、パフォーマンス動画が脅威の再生数!
世界が注目する南アフリカ出身、ベルリンで活動するSSW|Alice Phoebe Lou(アリス フィービー ルー)。
ケープタウンとベルリン録音。才能ある南アフリカとヨーロッパのミュージシャンが多数参加したデビュー・アルバム『Orbit』。
ドイツ・レコード批評家賞にて、ベスト・フィメール・アーティストにノミネートされ、いくつかのテレビ番組で紹介された『Orbit』は、ソウル、ブルース、ジャズが複雑に織り込まれた精緻なモザイク模様とでもいうべきものである。日本盤には、解説、歌詞対訳に加え、2018年にシングル・リリースされている「She」を追加収録。
 

 日本語字幕付きPV
Album | Orbit | Japanese Subtitles (Official Trailer)

Society | Japanese Subtitles (Official Music Video)

She | Japanese Subtitles (Official Music Video)

1991年愛知県生まれ。学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。
その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、may.eという名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表。
Yogee New Waves、nakayaan(ミツメ)などのアルバムにゲストコーラスで参加。
音楽活動のほか、文藝誌「園」主宰、写真やデザインなどの制作活動も行う。
活動名をmei eharaと改め、2017年11月、カクバリズムより本格デビュー。

Supported by

 

calendar

11月

2018

« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930