晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2020/03/16(月)

Luisa Sobral Australia/Asia tour March 2020 @HareMame guest: Saigenji(サイゲンジ)

OPEN !8:15 / START 18:45  [出演]Luisa Sobral / Manuel dos Reis Rocha・ゲスト:Saigenji / DJ : Shin Miyata【後援:ポルトガル大使館】

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

————————————–

2017年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストで優勝したサルヴァドール・ソブラルの実姉で、その優勝曲「Amar Pelos Dois(二人の愛)」を作曲したことでも知られるポルトガルでもっとも高く評価されている女性シンガーソングライター・ルイーザ・ソブラル初来日公演。

ブラジル、フォルクローレなどをルーツにコンテンポラリーなソウルやジャズを融合、独自の世界を展開し高い人気を誇る実力派アーティスト、Saigenji(サイゲンジ)がゲストで登場!

————————————–

Luísa Sobral one of the most important composers and singers from the new generation of Portuguese artists.

ポルトガルでもっとも高く評価されている女性シンガー・ソングライター、Luisa Sobralのアジアツアー2020。

https://luisasobral.com/en/

2017年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストで優勝したサルヴァドール・ソブラルの実姉で、その優勝曲「Amar pelos dois(二人の愛)」を作曲したことでも知られるポルトガルでもっとも高く評価されている女性SSWルイーザ・ソブラル。

2011年にデビューした彼女は、ソフトな歌い回し、ファドやボサ・ノーヴァといったポルトガル系音楽が持つ洒落た雰囲気に、フレンチ・ポップやジャズのニュアンスを加えた音楽性で大きな人気を博し、これまでに4枚のアルバムを発表してきた。

 

Other Links

https://www.sambinha.com/e-commex/cgi-bin/ex_disp_item_detail/id/WRR-6010/

https://diskunion.net/latin/ct/list/0/80621621

 

LUISA SOBRAL / ROSA

 

 

Luisa Sobral – vocal/guitar
Manuel dos Reis Rocha – vocal/guitar
ゲスト:
DJ : Shin Miyata

 

 

open 18:30 / start 19:30
OPEN !8:15 / START 18:45

Start time will be changed since Portugal may close the borders.

ポルトガルが国境を封鎖する可能姓がでたため、時間変更をします。

 

 

ADV. 4,000 yen / DOOR 4,500 yen
* *Additional fee: 1 drink fee: 600 yen at the reception.

 

Pコード:180064

 

1月18日から公開&販売

 

 

このページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。
詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

entry by reference number

整理番号順

 

 

LUÍSA SOBRAL  BIO 

 

Luísa Sobral one of the most important composers and singers from the new generation of Portuguese artists.

Luisa began her recording career in 2011, after graduating with flying colours from the prestigious Berklee College of Music in Boston. Her first album, ‘The Cherry On My Cake’ was an instant success in Portugal. It remained at the top of the charts for many weeks and quickly went platinum. Luisa, who immediately embarked on a Portugal-wide tour, soon found that her fame was spreading overseas as well.

Her Spanish début took her to some of the country’s best-known events, including the Barcelona Jazz Festival and the Cartagena Jazz Festival. She went on to perform in numerous countries, including England, France, Turkey, Israel, Germany, Switzerland, Luxembourg, the USA, Morocco, South Africa, Namibia, Zimbabwe, Botswana and Brazil. She has been the support act for such top-drawer performers as Ute Lemper (at the Union Chapel, in London) and Melody Gardot (at the London Jazz Festival and throughout Melody’s German tour). Critics far and wide have heaped praise on this Portuguese artist’s talent and she has already won two Globos de Ouro (Portugal’s version of the Golden Globe Awards) nominations and appeared on the mythical BBC 2 show “Later… with Jools Holland“.

 

Luisa Sobral tested out a new direction with her second album. She made her sound more mature and complex, with crossovers from the worlds of folk and indie music. This second album featured studio collaborations with such renowned performers as Jamie Cullum, António Zambujo and Mário Laginha. Her public once again took to her work in droves and the album soon went gold. Luisa Sobral has continued to carve out a niche on the international scene, underpinned by a successful tour of Central Europe and an appearance at the historic SXSW Festival in Austin, Texas.

Having announced that she was expecting a child, Luisa made the conscious decision to follow-up on her success with an album dedicated for children. ‘Lu-Pu-i-Pi-sa-Pa’ went on sale in Autumn 2014 and was an instant hit with the younger generation. Once again, her fans repaid all her hard work and the album went gold, with the single ‘João’ playing its way into the hearts of millions of Portuguese.

 

For her fourth album, Luisa Sobral decided to try something a little riskier. She invited the famous American producer Joe Henry to work on her and challenged some of today’s top jazz musicians, including Marc Ribot, Greg Leisz, Jay Bellerose, Patrick Warren, David Piltch and Levon Henry, to come into the studio with her. The result is ‘Luisa’, which was immediately declared one of 2016’s best albums by Portuguese critics.

 

Luísa Sobral has reached a new level of creative maturity: even more secure, authentic and spontaneous. Over these years, her composer facet as also been highlighted. She wrote to prestigious artists such as Ana Moura, António Zambujo, Gisela João, Carolina Deslandes, Marco Rodrigues and Mayra Andrade, among others.

 

The start of 2017 saw Luisa Sobral kick off a nationwide tour of some 40 dates, many of which were sold out. She has also performed in Spain, Brazil and Holland. However, her crowning achievement may well have been winning the Eurovision Song Contest. RTP had invited Luísa to compose a song for the Portuguese Song Festival. She wrote ‘Amar Pelos Dois’ which she then gifted to her brother, Salvador Sobral, to perform. This sister and brother partnership was a huge success, winning the Portuguese competition and then the European one. It was the first time Portugal had ever won the Eurovision Song Contest and also the first time that the European public had chosen a jazz tune as the winner.

 

‘Amar pelos Dois’ has consecrated Luísa Sobral as one of the most important and prestigious composers of the new generation of Portuguese artists. She received the Composition Prize Marcel Bezençon (creator of the Eurovision Song Contest), the Prémio Autores SPA (SPA Authors Award) and the Globo de Ouro (Golden Globe Award) for Best Music.

In 2018, together with her brother Salvador, Luísa received the Martha de la Cal Prize award by the Association of the Foreign Press in Portugal (AIEP) that distinguished them as Personalities of the Year. At the same ceremony, the President of the Portuguese Republic decorated the two artists with the degree of Commanders of the Order of Merit for the ‘singular success’ they achieved.

 

After a few months, Luísa returned to the studio to record her fifth album. To handle production, she invited the catalan Raül Refree one of the most prestigious producers and multi-instrumentalists in Spain, who worked with such distinguished names as Sílvia Pérez Cruz, Rosalía, Mala Rodríguez or Lee Ranaldo from Sonic Youth.

‘Rosa’ is the most personal, mature and intimate album by Luísa Sobral. The beauty of the compositions is enhanced by the stripping of the arrangements and the creative bound between Luisa and Refree. Voice and guitars are joined a trio of woodwinds composed by fliscorne, tuba and horn and some elements of classic percussion like marimba.

‘Rosa’ is made of stories, some are real, some less. It is a very ‘raw’ record, with  eleven songs written in Portuguese, where words and melodies are the essence.

 

In 2019, Luísa Sobral returns to portuguese and international stages with a new lineup and the invitation to sing in person the stories from ‘Rosa’.

 

LuísaSobralはポルトガルの新世代アーティストの中で最も重要な作曲家と歌手の一人です。
ボストンの名門バークリー音楽院を飛び抜けて優秀な成績で卒業した後、2011年にレコード業界でのキャリアをスタートさせた。彼女のファーストアルバム 「ザチェリーオン・マイケーキ」 はポルトガルで瞬く間にヒットした。何週間もチャートのトップを走り続け、すぐにプラチナになった。すぐにポルトガルツアーに乗り出したルイサさんは、自分の名声が海外にも広がっていることにすぐに気付いた。
スペイン公演では、バルセロナ・ジャズ・フェスティバルやカルタヘナ・ジャズ・フェスティバルなど、スペインで最も有名なイベントに参加しました。その後、イギリス、フランス、トルコ、イスラエル、ドイツ、スイス、ルクセンブルク、アメリカ、モロッコ、南アフリカ、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、ブラジルなど多くの国で公演を行った。彼女は、ウーテ・レンパー(ロンドンのユニオンチャペルで)やメロディー・ガードット(ロンドン・ジャズ・フェスティバルやメロディーのドイツツアーで)などの一流歌手の後援会を務めてきた。批評家は広くこのポルトガルの芸術家の才能を称賛し、彼女はすでにGlobos de Ouro(ポルトガル版ゴールデングローブ賞)のノミネートを二度受け、伝説的なBBC2ショー“Later…with Jools Holland”に出演した。

Luisa Sobralはセカンドアルバムで新しい方向性を試した。フォークとインディーズの世界を掛け合わせて、彼女のサウンドはより大人で複雑になった。この2枚目のアルバムには、ジェイミー・カルム、アントニオ・ザンブホ、マリオ・ラギニャといった有名アーティストとのスタジオコラボレーションが収録されています。彼女の大衆は再び彼女の作品に群がり、アルバムはすぐに最高のものになった。Luisa Sobralは、中欧ツアーの成功とテキサス州オースティンで開催された歴史的なSXSWフェスティバルへの参加に支えられ、国際舞台でニッチ市場を開拓し続けている。

2017年の初めには、Luisa Sobralが40日程の全国ツアーを開始したが、その多くは完売した。彼女はスペイン、ブラジル、オランダでも公演した。しかし、彼女の最高の業績はユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したことであり、RTPはポルトガル・ソング・フェスティバルの曲を作るためにルイサを招待した。彼女は 「アマル・ペロス・ドイス」 を書き、それを弟のサルバドール・ソブラルに演じさせました。この姉妹と兄弟のパートナーシップは大成功を収め、ポルトガルとヨーロッパの大会で優勝しました。ポルトガルがユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したのは初めてのことで、ヨーロッパの一般の人たちがジャズの曲を勝者として選んだのも初めてのことだった。

 

「Amar pelos Dois」 は、ルイス・ソブラルをポルトガルの新しい世代の芸術家の中で最も重要で名誉ある作曲家の一人に任命した。作曲賞のマルセル・ベゼンソン(ユーロビジョン・ソング・コンテストの創設者)、PrémioAutores SPA(SPA作家賞)、Globo de Ouro(ゴールデングローブ賞)を受賞。
2018年、兄のサルバドルとともに、ポルトガル外国プレス協会(AIEP)から今年の人物に選ばれ、マルタ・デ・ラ・カル賞を受賞した。同じ式典で、ポルトガル共和国大統領は二人の芸術家を、彼らが達成した「並外れた成功 」のための勲等勲章司令官の学位で飾った。

 

数カ月後、ルイサは5枚目のアルバムをレコーディングするためにスタジオに戻った。プロデュースを担当するため、スペインで最も有名なプロデューサーでありマルチ・インストゥルメンタルであるカタランのRaülRefreeを招き、SílviaPérezCruz、Rosalía、MalaRodríguez、Sonic YouthのLee Ranardoなどの著名な名匠と仕事をしていました。
「Rosa」 は、LuísaSobralの最も個人的で、成熟した、親密なアルバムである。構成の美しさは、LuisaとRefreeの間の配置と創造的な結合を取り除くことによって高められます。フリコーン、チューバ、ホルン、マリンバなどのクラシックなパーカッションの要素で構成された3つの木管楽器に、ボイスとギターが加わります。
「ローザ」 は物語でできていて、あるものは実在し、あるものは実在しない。ポルトガル語で書かれた11曲を収録した、まさに 「生」 のレコードだ。

2019年、ルイサ・ソブラルはポルトガル語に戻り、新たな顔ぶれで 国際的な舞台に戻り、「ローザ」 の物語を実際に歌わないかと誘われたのです。

 

============

Saigenji(サイゲンジ)

 1975年生まれ。沖縄〜香港〜東京育ち。 9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。幼少より独学で馴染み培った南米フォルクロ-レやブラジル音楽を核にsouljazzhiphopなどありとあらゆる音楽を飲み込み、吐き出すシンガーソングライター、ギタリスト、ボイスパフォーマー、インプロヴァイザ-。

声、ギター、フルート、パーカッションを自在に操り、卓越した技術とセンスに裏付けられたパフォーマンス、そして卓越した圧巻のエネルギーは観たものを虜にする。またシンガーソングライターとしての、ハイブリッドかつボーダーレスな楽曲は国内外多方面で高い評価を受けている。

これまでにMISIAMONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅、LOSALIOS渡辺貞夫等にゲストボーカルやギタリストとして参加。またbirdや乙葉、多和田えみ、比屋定篤子などへの楽曲提供。

またボサノヴァや映画音楽、坂本龍一監修の「日本のうた」など、様々なテーマのトリビュートアルバムに本人名義で参加。

またJwaveの看板番組「サウジサウダージ」のオープニング曲に、2004年以降3期連続で自作曲を抜擢されている。デビュー時の「it’s too late」「close to you」「GOLDEN LADY」の超絶カヴァーはFMで大量OAされて大きな話題を呼んだ。

 

複数曲が映画の挿入歌やエンディングテーマとして使用されている他、「ダイワハウス」「金のごまだれ」「サッポロドラフトワン」「パナソニックエイジフリー」などのCMでもSaigenji歌声&ギターがフィーチャーされている。また「凪のあすから」などのアニメのサントラ曲も手がけている。

 

シンガポール、パリ、ソウル、バンコク、台湾、ミャンマーなど海外でもライブを敢行し、エネルギッシュなパフォ-マンスで聴衆を熱狂させている。

またフジロックやサマソニ、ライジングサン、サンセットなど野外フェス出演も多い。

 

これまでにライブ盤、ベスト盤を含む11枚のアルバムを発表。

 

最新作はJwaveサウジサウダージopテーマ曲「Sunflower」を含む、同世代の気鋭ジャズマンたちと一発録音で作り上げた鮮度抜群の6年ぶりの9thオリジナルフルアルバム「Compass」(2018,11/21発売)

 

オフィシャルFacebookページ 

https://m.facebook.com/Saigenji.guitar/?locale2=ja_JP

 

ウェブサイトは現在改修工事中。InstagramTwitterなどのアカウントも。

 ——————

後援:ポルトガル大使館


 

------------

 

晴れたら空に豆まいてのお食事・お飲物についてはこちら

– – – – – – – – – – – – –

 

All sales are final and there are no refunds or exchanges available for ticket purchases.

お支払い済みのチケットに関しての払い戻し、交換は承っておりません。

 

– – – – – – – – – – – – –

calendar

4月

2020

« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930