晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2023/11/03(金)

Björn Meyer

[出演] Björn Meyer 

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

ECMレーベル初のエレクトリック・ベース・ソロ作品
これがベースの音? 七変化、繊細なメロディーと安らぎ
スウェーデン出身、スイス在住、元 バンド Ronin (ローニン)のベースプレイヤー

 

AD52BB20-1CC7-4D89-902D-A06AF149EC7F.jpeg

 Björn Meyer  – electric bass guitar

 

02CE90B0-0351-4CCF-A7B7-ED07FCF7162D.jpeg 

開場19:00 / 開演19:30

 

F3B7CE0A-702A-4443-90D3-BAA68AF06A31.jpeg

 

前売 ¥4800 / 当日 ¥5300

(ともに別途1ドリンク代¥600)

公演のご予約お申込みはメール(ticket@spn1.speednet.ne.jp 宛て)或いは電話(090 1691 7988)にてお願いします。
必ず、お名前(姓名)、住所(郵便番号も)、電話番号、希望日、チケット希望枚数をお知らせ下さい。尚、電話は聞き間違い、書き間違いなど起こり得ますので、できる限りメールでお願い致します。
電話はつながり難い場合があります。
メールでのご予約は、折り返し、チケットの有無、お支払方法をご連絡いたします。

チケットの注意事項 をご覧ください。

 

 

Björn Meyer  ビョルン・マイヤー

ストックホルム郊外の家、ピアノの傍らで育った。スウェーデンの青年音楽プログラムでトランペットを学び、少年合唱団で歌い、地元のガレージ・ロックバンドでギターを演奏した。18歳になる少し前、ジャムセッションでエレクトリック・ベースに出会う。弾いた途端、音世界のドアが開いた。コンピューター科学とエンジニアリングで修士をとったが、「一年休暇をとって」ベースへの熱き想いを追求することに決めた。それがそのまま1989年より今へ続いている。

子供の頃、物がどのようになっていて、どうやればその通常の機能を変えることができるかについて大きな興味を抱いていた。「これだけが唯一の方法か」という質問は、ラジオから電気掃除機に至るまでそれらを改造しようとして恐ろしい結末を招いた。しかし、最初にベースを弾いたときからその同じ質問が音楽的想像力を推し進める強い力になっていた。何度も何度も音楽的アイデアを表現しようという気持ちがベースギターの新しい、パーソナルな使い方を見つけ出すのに役立った。

Meyerの独特の音楽は、音楽スタイル、演奏技術、エレクトロニクス、楽器の構造、そして弦の内部構造についての好奇心に多くを負っている。また彼は、演奏空間とベースギターのエレクトロニック要素との相関を音楽的経験の重要な一部と考えている。その結果、音のレンジと技法を拡大し続け、より繊細な音世界を作れるようになった。

Meyer は最も広範囲な状況、楽器が普通使われる環境の中と外の両方において独特の音をまとめることに成功している。例えばアコースティックかエレクトリックか、作曲か即興か、古風か現代風かといった昔からの区別を超えるような状況にしばしば置かれた。ペルシャのハープ奏者でシンガーの Asita Hamidi(アシタ・ハミディ)と仕事をし、チュニジアのウード・マスター Anouar Brahem(アヌアー・ブラエム)とは長い間コラボレートしている。スウェーデンのニッケルハルパ奏者 Johan Hedin(ヨハン・ヒディン)、パーカッション奏者の Fredrik Gille(フレデリック・ジレ) の二人とはバンドBazar Blå (バザー・ブロー)で 20年来活動を共にし、スウェーデンの現代フォーク音楽を一緒に作り上げてきた。また 10年以上、ミニマル・グルーヴのバンド Nik Bärtsch’s Ronin (ニック・ベルチュのローニン)のメンバーとして Zen Funk (禅ファンク)と呼ばれるようになった音楽を作り上げる手伝いをした。

最近では、Mats Eser(マッツ・エーザー), Chrigel Bosshard (クリジェル・ボサール)と Ania Losinger(アニア・ロージンガー:Xalaというユニークな楽器を使う) とともに NEN(ネン) というバンドを結成したり、ドラムの Samuel Rohrer (ザムエル・ローラー)やバス・クラリネット/ソプラノ・サックスの Klaus Gesing(クラウス・ゲーシンク)とバンド AMIIRA (アミ―ラ)を結成している。また Meyer はスイスの作曲家/管楽器奏者Don Li (ドン・リー) とも活動を共にしている。ストックホルム、チューリッヒ、ベルン、ローザンヌ、ルツェルンの各音楽院で教鞭も時折とっている。

2017年、最初にエレクトリック・ベースに会ってから30年目に ECM レーベルより最初のソロ・アルバム “Provenance” (起源)をリリースした。今回は 2018年に次いで二度目の来日になる。

関連アルバム
Björn Meyer – Provenance (ECM)
Anouar Brahem – Souvenance (ECM)
Bazar Blå – Twenty (bazaarpool / Hermes Records)Nen – Monolith I (Nen/Tonus-Music-Records)
Gesing Rohrer Meyer – Amiira (Arjunamusic / Hermes Records)

試聴

曲 “Trails Crossing” ECM オフィシャル・ヴィデオ 

曲 “Three Thirteen” ECM オフィシャル・ヴィデオ 

 

Live Swiss Radio Television(スイス・ラジオ/テレビ放送局でのライヴ)  2020年11月

Björn Meyer Solo “Live from the Couch”  2020年 4 月 4日 スタジオ・ライヴ

2019 年スイス音楽賞受賞アーティスト紹介ヴィデオ 

企画制作 Office Ohsawa

calendar

4月

2024

« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930