晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2024/03/01(金)
TODAY

渥美幸裕 “邦楽ニ.〇” シリーズ公演
「点ー線ー(面)」(全5回)

第1回 「次世代の邦楽家と織る邦楽ニ.〇」

[出演]
長谷川将山 (尺八)
山内彩 (地歌、三味線、箏)
岡村秀太郎 (地歌、三味線、箏、胡弓) 
渥美幸裕 (ギター、邦楽ニ.〇主宰)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

私はギタリストながら、伝統邦楽の魅力に全身を奪われました。
ギターはじめ、洋楽器であっても楽器の垣根を超え、伝統の流れを感じるワールドミュージック「邦楽ニ.〇」を創りたいと想い、2012年よりさまざまな伝統邦楽ジャンルの音楽的な仕組みを学んでいます。
その道程で、雅楽、地歌、長唄、人形浄瑠璃、端唄、民謡、、、などそれぞれの邦楽ジャンルの方々と出逢い、邦楽の未来を共に創造する仲間が出来ました。
その一本の糸がこの12年の活動の中で、縦横に広がり始めました。
何本もの縦糸 (世代)、横糸 (楽器) が重なり織物になった時、邦楽ニ.〇はどんな図柄をしているのだろうか、2024年はその未知の図案を広げ、織り機に糸がかけられ始めた段階です。
まだ沢山の糸が必要です。
織り上がる日が来るかもまだ分かりません。
本連続公演 (全5回) は、私が出逢った美しく輝く糸のほんの一部ではありますが、是非皆さまに触れていただき、新たな出逢いを祝うような場にしていきたいと考えています。
普段から伝統邦楽を楽しむ方は勿論、初めて触れるきっかけにもしていただけたら嬉しいです。音楽家で興味がある方もお待ちしております。

渥美

 

例えば、Jazzシーンでは、同じスタンダード曲でも演奏者が変わると、全く違う魅力が引き出されます。
演奏者それぞれの個性を感じる瞬間でもあります。
実は邦楽も同様に、演者の個性がそれぞれ際立っています。
2023年に出逢った ”地歌” の次世代を担う若手邦楽家とのフレッシュなアンサンブルをお楽しみください。

 

[邦楽ニ.〇 2024年連続公演「点ー線ー(面) スケジュール]

 

5月17日 (金)
第2回 「ピアノとギターで織る邦楽ニ.〇」

今まで邦楽ニ.〇のプロジェクトはギターのみが洋楽器で、他は和楽器という組合せで活動してきました。N.Y.で活躍するピアニスト海野雅威さんと2023年意気投合し、共に邦楽ニ.〇に取り組んでいただけることになりました。ピアノとギターで紡ぐ邦楽ニ.〇の新たな試みをお楽しみください。

メンバー: 海野雅威 (ピアノ) / 渥美幸裕 (ギター、邦楽ニ.〇主宰)

 

7月12日 (金)
第3回 「民謡を織るJapanese Guitar」

民謡は江戸以前から続く日本のポップスです。現代のポップスとは違う、日本古来の間合いやリズム感覚が魅力の一つですが、両者に共通する感動や琴線があると感じています。その部分をより感じてもらえるように Japanese Guitar で和音やアレンジを加えていきます。民謡界の次世代を代表する駒田早代さんと共に、新しくも懐かしい民謡をお楽しみください。

メンバー: 駒田早代 (津軽三味線、唄)、他

 

9月20日 (金)
第4回「2本のギターで織るJapanese Guitar」

2023年に出会った素晴らしい若手ギタリストの閑喜弦介さん。フランス帰りの彼は、JazzやClassic Guitarの世界を横断出来る新時代のプレーヤーです。Japanese Guitar の意義やコンセプトに共感いただき、ともに活動していただけることになりました。ここから更にさまざまなギタリストがこの取組みに関わって下さることでシーンが育つことを楽しみにしています。そのきっかけとなるような1日をお楽しみください。

メンバー: 閑喜弦介 (ギター) / 渥美幸裕 (ギター、邦楽ニ.〇主宰)

 

11月15日(金)
第5回 「邦楽ニ.〇 織」

連絡公演のラストは、2017年より活動を共にしてきた邦楽ニ.〇の最初のメンバーと、さらに、邦楽研究者であり、サウンドインスタレーションやテクノロジーを駆使する音楽家Marty Hicksを迎え、伝統のサウンドとテクノロジーを融合させた未来を開く2024年の音を織ります。そんな邦楽の可能性をお楽しみください。

メンバー: 小濱明人 (尺八) / 小山豊 (三味線) / 柿木原こう (箏) / Marty Hicks (Key, effect etc) / 渥美幸裕 (ギター、邦楽ニ.〇主宰)

 

長谷川将山 (尺八)
山内彩 (地歌、三味線、箏)
岡村秀太郎 (地歌、三味線、箏、胡弓) 
渥美幸裕 (ギター、邦楽ニ.〇主宰)

開場 18:30 / 開演 19:30

前売5000円 / 当日5500円

学割2500円 / 高校生以下無料

(共に別途1ドリンク代700円)

 

 

Atsumi Yukihiro Presents: 2024 Hogaku 2.0 Performance Series「Dot – Line – (Surface)」

While I was working as a guitarist, I became completely fascinated by the charm of traditional Japanese hogaku music. I envisioned that I wanted to create world music (Hogaku 2.0) that, beginning with guitar, transcends the boundaries of musical instruments and allows listeners to feel the ancient flow of tradition. So, since 2012, I have been learning the musical structures of various traditional Japanese musical genres. Along the way, I have met people from various genres of traditional Japanese music, such as gagaku, jiuta, nagauta, ningyo joruri, hauta, local folk musicians, etc., and have found companions with whom I can envision the future of hogaku Japanese music with. During the Hogaku 2.0 activities across these past 12 years, that single thread that I had spun began to spread out in every direction. Much like when many warp threads (like generations) and weft threads (like musical instruments) overlap to form a fabric, I often wonder what kind of pattern Hogaku 2.0 is making and, in 2024, we will expand on this unknown design because we are merely at the stage where the strings are just beginning to be threaded onto the loom. We still need a lot more thread. I’m still not sure if the day when it will be fully woven will ever come. This series of performances (5 in total) is just one tiny portion of the beautiful and shining threads that I have encountered, so please feel free to come experience this with us, because we intend on creating a place where new encounters can be celebrated. Of course, I would be delighted if this music could be experienced not only by those who enjoy traditional Japanese music on a regular basis, but also by those who experience it for the first time. We also always welcome interested musicians. – Atsumi

For example, in the jazz scene, if the performers change, they can bring out a completely different charm from the same standard piece of jazz music. It is a moment when you can feel the individuality of each performer. Honestly, in Japanese hogaku music as well, each performer’s individuality notably stands out. Please enjoy this fresh ensemble of young Japanese jiuta musicians, who I met in 2023, who will carry on the jiuta musical traditions to the next generation.

 

Members: Shozan Hasegawa (Shakuhachi flute) Aya Yamauchi (Jiuta, shamisen, koto) Hidetaro Okamura (Jiuta, shamisen, koto, kokyu) Yukihiro Atsumi (Japanese Guitar and Hogaku 2.0 Founder)

 

[profile]

渥美幸裕

日本の伝統音楽を、ギターを通して現代にアップデートし、その魅力を世界に伝え、次世代へ継 承するプロジェクト、「邦楽ニ.〇」主宰。伝統音楽の様々な音楽的仕組みから「Japanese Guitar」 の開発、新日本音楽の作曲に取り組む。京都を制作拠点とし、これまでに、祇園宮川町の芸妓、 文楽座、天台声明など、様々な邦楽、民謡の演奏者と共演し、古典曲を編曲。2021年には、自 身の作品「花鳥風月」、「京」が世界14ヶ国のiTunes・Apple Musicのインストゥルメンタル部門で1 位を獲得。2022年、津軽三味線の「小山豊」率いる「東京民謡倶楽部」、奄美民謡の唄者である 「前山真吾」の作品「AMAMISM」をプロデュース。2024年、「邦楽ニ.〇」新作「環境邦楽」発表予定。

邦楽ニ.〇とは? 1300 年以上の歴史を持つ日本の伝統音楽を、ギターを通して現代にアップデートし、その魅力を世界に伝え次 世代へと継承するプロジェクト。和楽器のみで演奏されてきた”邦楽1.0″に対して、洋楽器が参加した邦楽を”邦 楽2.0″と定義。

Japanese Guitar とは? 雅楽や箏曲、民謡など、さまざまな伝統邦楽の音楽的仕組みである、呼吸の間合いや、音階、リズムを応用し たギター音楽。

・Yukihiro Atsumi Profile 2023 Yukihiro Atsumi is the leader of the Hogaku 2.0 Project, which is an exploration of traditional Japanese music where a Western instrument, the guitar, is added to give a modern update to these storied songs.
The goal is to convey the charms of this traditional music to the world and pass it along to the next generation. Atsumi developed the “Japanese Guitar” style from arranging various musical structures of traditional Japanese music and tasked himself to compose new traditional Japanese music in that same style.
Based in Kyoto, Atsumi, in addition to producing and composing original classical, jazz, and rock music, has worked with a multitude of different musical institutions including geisha from Gion’s Miyagawa-cho, Bunraku-za puppet theaters, Tendai Shomyo Buddhist monks, NHK, as well as various traditional Japanese classical musicians.
Atsumi has also shared the stage with many different folk and popular music performers from all across Japan, including DJ Krush, Toshinori Kondo, and Asazaki Ikue, as well as from all across the world including performances in Thailand, England, France, Germany, the Netherlands, Russia, the U.S., Korea, and, most recently, with the Henchun Folk collective in Taiwan. His self-produced 2021 album Kachofugetsu and the single Kyo: A Song For Kyoto were both #1 in the instrumental category of iTunes and Apple Music in 14 countries around the world.
In 2022, Atsumi produced and performed with Tokyo MinYo Club, an all-star group of Japanese traditional musicians led by Tsugaru-Jamisen player Yutaka Oyama. Additionally, in 2022, Atsumi produced and played on the groundbreaking album “AMAMISM” by Amami Oshima Shima-Uta shamisen player and singer Shingo Maeyama. Currently, Atsumi is planning to release the next installment of Hogaku 2.0 in 2023, via an album entitled “Environmental Japanese Music”.

・What is “Hogaku 2.0”
For more than 1300 years, the path of Japanese traditional music (hogaku) has been rooted in the traditional instruments with which it is performed. Atsumi Yukihiro’s “Hogaku 2.0” project is a modern update to this tradition which, through the guitar, aims to convey its ancient charm to the world and pass it on to future generations.

In contrast to “Hogaku 1.0”, which had been performed only with Japanese instruments, “Hogaku 2.0” is a progressive journey in modern Japanese music where Western instruments, like the guitar, are added to the traditional mix.

 

岡村秀太郎

佐野奈三江、箏曲地歌演奏家である父・岡村慎太郎に箏・三絃を師事。上方系胡弓を菊央雄司 に師事。 東京藝術大学邦楽科を卒業した後、箏曲地歌の伝統の承継と邦楽の新しい可能性を探る二軸 での活動は多岐に渡る。 箏とEDMを掛け合わせたサウンドと映像で現在YouTubeチャンネル登録者37万人を超えた「 TRiECHOES」で箏の総合監督を行う。 2023年に現代アーティスト・村上隆が監修をした「Flower Go Walk」と“地歌”のコラボレーションを 果たした。 “地歌”を芸術音楽として世界に発信し、海外でも公演。 「秀の會」主宰。

 

山内 彩

1999年京都府京都市生まれ。 9歳より箏をはじめ、13歳より三絃を始める。 大谷祥子に師事。 東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。 全国邦楽合奏協会邦楽コンクール邦楽合奏協会賞・金賞を共に受賞。 福井県音楽コンクール文化協議会賞・福井県知事賞を受賞。東京藝術大学教育研究助手。母屋 の会《彩》主宰。

 

長谷川将山 Shozan Hasegawa

10歳より尺八を始め、藤原道山に師事。

(公財)都山流尺八楽会都山流尺八准師範検定試験、師範検定試験ともに首席登第。

■これまでの主な活動

2017年

東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。同大学大学院音楽研究科入学。
在学中には「現代邦楽研究会」を主宰し、さまざまな企画公演を開催した。
卒業時に同声会賞を受賞。
法政大学三曲会講師に就任。青山音楽財団奨学生。

 

2018年
文化庁新進芸術家国内研修員として、合奏を菊原光治(生田流)、萩岡松韻(山田流)の各氏に師事。

2019年
東京藝術大学大学院(修士課程)音楽研究科邦楽専攻修了。
初代中尾都山が編纂した「ヴァイオリン音譜」についての研究に取り組む。
山内惠介「全国縦断コンサートツアー2019スペシャル」に、ゲストプレイヤーとして参加。

2020年
多重録音シリーズ「全員将山」を開始。
藤井風《へでもねーよ》の録音に参加。

2021年
東京藝術大学 教育研究助手に就任。
明星大学 教育学部 非常勤講師に就任。
代々木第一体育館における、藤井風「HELP EVER ARENA TOUR」にゲストプレイヤーとして参加。

2022年
現代邦楽研究会 第一回公演「牧野由多可作品展」を、東京・銀座のヤマハホールにて開催。
多重録音「全員将山」の新シリーズが(公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京「2021年度 第1回 スタートアップ助成」に採択され、「長谷川将山の世界 −尺八アンサンブル 委嘱作品展−」を展開した。
パナソニックスタジアム 吹田における、藤井風「LOVE ALL SERVE ALL STADIUM LIVE」にゲストプレイヤーとして参加。

■現在の主な活動
ジャンルを超えた音楽活動を通じて、尺八音楽を様々な角度から見つめている。コンサート等の公演活動はもとより、近年では多重録音の技術を駆使した活動も展開し、シリーズ「全員将山」では、既存作品や自身の編曲によるオーケストラ作品のほか、多重録音での初演を想定した委嘱作品をこれまでに15作品録音するなど、尺八音楽における新たな表現の可能性を切り開いている。

(公財)都山流尺八楽会所属・師範
東京藝術大学教育研究助手
明星大学非常勤講師
法政大学三曲会講師
現代邦楽研究会、都山流将山会 主宰

(公社)日本三曲協会、(一社)日本尺八演奏家ネットワーク(JSPN)、都山流道山会 会員
尺八アンサンブル「風雅竹韻」、和楽器オーケストラ「あいおい」、「アンサンブル室町」メンバー

 

calendar

3月

2024

« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031