晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2013/03/11(月)

プロジェクトFUKUSHIMA!自主連動企画第2弾 “08∞08∞3.11後の世界,音楽の虹の橋” 灰野敬二×スガダイロー

灰野敬二 / スガダイロー / 中山晃子 ( Live PaintingVJ )

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter



Frags Across Borders
20130311

黒は本当は青かもしれない。色を無くしたあとは。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震から2年後。
一人としての意思だけを集めた夜。
映画「ドキュメント灰野敬二」(2012)公開中のギタリスト・灰野敬二。ピアニスト・スガダイローは2011年2月22日中筋純写真展『黙示録チェルノブイリ』の為にスタジオ録音された初のソロ作品「春風」を、今や現実となってしまった原発事故から2年後の姿で再現。
二人はソロとして互いに初対面。


灰野敬二  HP
スガダイロー HP

中山晃子 (Live Painting VJ) HP


灰野敬二
1952年5月3日、千葉県市川市生まれ。幼少時川越市で育つ。1971年、エドガー・アラン・ポーの小説からくる「ロスト・アラーフ」に加入。ノイズ系ロック、フリージャズ、即興演奏のアーティストが集う吉祥寺ライブハウス「マイナー」にて即興演奏を始める。1975年よりソロのギタリストとして活動開始。1981年アメリカ公演、90年代、即興性演奏ゲーム形式「COBRA」発明者、ジョン・ゾーンと共演。
どんなに激しく感じたとしても、灰野敬二の発する轟音と静寂とその間、全てにおいて何時も曇りがない。クリアで透き通っている。それは彼を敬愛するバンド、ソニック・ユースにも共通するものがあるかも知れない。魂の現れである故に、必然と身体全身で表現している。唯一無二の有形物の暗号。音楽そのもの。
ロック、サイケデリック、ノイズミュージック、フリージャズ、フリーミュージック、全ての各ボーダーを超えて紡がれる魂の言葉。この現在には必須の、プリミティヴな即興性を持つ3.11後の真の現代音楽家。
猫好き、煙草嫌い、ベジタリアン、そしてライバルは「能楽」。


スガダイロー
ピアニスト。1974年生まれ鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や小山彰太とも共演を重ねる。2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカルで二階堂和美が3曲参加)を発表。2010年には山下洋輔とのデュオライブが実現。自己のトリオ(東保光 b、服部マサツグ ds)での活動のほか、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods)、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOWらと即興対決を行う。2011年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、2012年には初のソロ・ピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』をvelvetsun productsよりリリース。


・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・
培養醗酵宙造研究所from鎌倉、パラダイスアレイジュンペイ氏爆発パン HP
たべるとくらしの研究所from札幌(福島市あんざい果樹園→北海道)、七尾旅人の楽曲「輝く実」新林檎ジュース HP
・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・ ★ * ・

【08∞08∞3.11後の世界,音楽の虹の橋】

” 3.11後の世界、それでも、いま、くちずさむうた。”
8月8日をもじり、0(ゼロ)から8(八紘、魔法数、パルス、結び目)へ、∞(無限大) 音楽のチェーンで 現実にまけない力をつないでいこう、という強い思いを込めて企画をはじめる。第一回は2012年8月21日、フェスティバル福島世界同時多発プロジェクトの一環として、音楽でできる未来への虹の橋を、日本でいちばん住みたいとみんなが思う吉祥寺の町からまずかけたいと、吉祥寺から発信する音楽イベントを開催。総勢11人強でポップスとジャズのアプローチをコラボレーション。当日行われたUSTREAMでの投げ銭¥11,000+手渡しαの義援先は福島県相馬市震災孤児等支援金支給基金へ。

■ふたつの林檎
林檎に含まれているペクチンが、実際 体の中の放射性物質の数値をを低減させる力があることが実証されているそうです。その基準一日2個で除染=音で洗い流す そんな意味も込めています。
08∞08∞3.11後の世界,音楽の虹の橋 HP
info@nijinohashi.raindrop.jp



開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500


ご到着順入場

メールでの ご予約
電話でのご 予約 (2013年1月5日 15時〜)

calendar

2月

2019

« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728