晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2022/06/28(火)

PLANET Q feat. AKAZANGETSU

<配信あり>
[出演] TOMOKI SANDERS (they/them) / KYOKO TAKENAKA (they/them) / 赤斬月(中村達也とスガダイローの即興演奏DUO)

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter

 

TOMOKI SANDERS (they/them)

KYOKO TAKENAKA (they/them)

赤斬月(中村達也とスガダイローの即興演奏DUO)

 

open/start  19:00/19:30

 

adv/door  4500/5000 +1d 600

このページの上下にある「RESERVE MAIL」「RESERVE TEL」へお進みください。

詳細はこちらをご覧ください。

配信チケットはこちら→BD4DF274-B810-46BF-B1BD-FAAA40E3D6A2.png

◇Live&生配信/ LIVE STREAMING 19:30~

◇録画配信/Recorded Live Broadcast
6月28日 19:30〜7月12日 (23:00)まで視聴可能

profile)

 

PLANET Q

TOMOKI SANDERS (they/them)

1994年ニューヨーク・マンハッタンに生まれ。4歳でピアノとドラムを始め、6歳でEbクラリネットを始め。

当時10歳のトモキが、父 (Pharoah Sanders) からもらったアルトサックスを入手。14歳からテナーサックスに転向した。

初めてのライブを13歳で経験して以来、日本国内の学内・ライブハウス・クラブなど様々な場で演奏を積んでいる。

 

KYOKO TAKENAKA (they/them)

音楽家、役者、舞踏家、映像作家。

アメリカはボストンで生まれ育った日本人。活動拠点はロサンゼルス, ニューヨーク、東京、ロンドン。

二人は去年コロナの時期に日本に住んでいて、たまたま東京の高円寺で会いました。その時からライブと音楽を一緒に日本からニューヨークまでやっています。PLANET Q は日系人二人の最初のアルバムです。

 

TOMOKI SANDERS

BIOGRAPHY

 

Tomoki (they/them) was born in New York City, NY on November 13th, 1994. They started playing drums and percussions at the age of 4, and started Eb Clarinet at the age of 6. At the age of 10, their father got them an alto saxophone. Sanders switched to tenor saxophone at the age of 14. They are a multi-instrimentalist from Japan and New York who plays a saxophone given to them by their father, the great Pharoah Sanders. 

They had their first gig at the age of 13, and had been performing around various schools, venues, and clubs around the Kanto Region area in Japan. 

They had their first recording (as a sideman) with the psychedelic rock band TENGOKU BATAKE JAPON (天国畑JAPON) on their second album, “Karomi No Step” [かろみのすてっぷ]. 

In 2014, Sanders attended at Berklee College of Music, studying performance and music production. Studying with world-renowned musicians such as Ralph Peterson Jr., Billy Kilson, Neal Smith, Tia Fuller, George Garzone, Frank Tiberi, Raydar Ellis, Jackie Beard, Divo Govoni, Shannon LeClaire, Dave Santoro, Ed Tomassi, Jim Odgren, etc. Graduated in 2018.

Sanders currently lives in New York City, performing alongside such as  Kassa Overall, Ravi Coltrane, Maurice “Mobetta” Brown, Nikara Warren, Tatsuya Nakamura, Taylor McFerrin, Mark de Clive-Lowe , Raymond Mcmorrin, Tatsuya Nakamura (NEW YORK UNIT), KYOTO JAZZ SEXTET, Matthew Garrison, George Garzone, Hajime Yoshizawa, ROOT SOUL, Fumio Itabashi, TOKU, Jack DeJohnette Trio and Trap Music Orchestra, etc. 

 

トモキ・サンダース (they/them)

1994年ニューヨーク州マンハッタン市に生まれ。4歳でピアノとドラムを始め、6歳でEbクラリネットを始め。当時10歳のトモキが、父からもらったアルトサックスを入手。14歳からテナーサックスに転向した。

初めてのライブを13歳で経験して以来、日本国内の学内・ライブハウス・クラブなど様々な場で演奏を積んでいる。

初レコーディングは、THE天国畑JAPONの2ndアルバム『かろみのすてっぷ』でサポートミュージシャンとして参加。2014年、バークリー音楽大学に入学、有名な教授は、大学院で助言者となり、演奏、現代作曲技術、音楽制作などを学び。 Ralph Peterson Jr., Billy Kilson, Neal Smith, Tia Fuller, George Garzone, Frank Tiberi, Raydar Ellis, Jackie Beard, Divo Govoni, Shannon LeClaire, Dave Santoro, Ed Tomassi, Jim Odgrenから学び、2018年卒業。

現代、サンダースは Kassa Overall, Ravi Coltrane, Maurice “Mobetta” Brown, Nikara Warren, Taylor McFerrin, Mark de Clive-Lowe, Matthew Garrison, George Garzone, ROOT SOUL, Jack DeJohnette Trio, and Trap Music Orchestra、OMSB,沖野修也、KYOTO JAZZ SEXTET、Raymond McMorrin、吉澤はじめ、平戸祐介、元晴、TOKU、FUYU、日野”JINO”賢二、安藤康平、石若駿、Answer to Remember, 板橋文夫、多田誠司、井上陽介、中村達也(NEW YORK UNIT)、Indus&Rocks、ドドイッツ、ZAKINO, digdaなどと共演。

 

KYOKO – JINJABREW (響子・人じゃーのブルーズ)

Kyoko Takenaka (they/them) is a multi-disciplinary performance artist, musician (@Jinjabrew), actor and filmmaker based between Tongva land (Los Angeles), New York, Tokyo, and London. Kyoko believes in artistic expression as a conduit for personal and collective liberation, and is constantly exploring unbinary ways of thinking, moving, and creating. Kyoko is the guitarist/singer-songwriter of the queer Afro-Asia band, ‘Wastewomxn’, channeling diasporic experience and afro-asian unity and liberation through their work. Their music has been featured on the hit TV show, ‘High Fidelity,’ on HULU, which Kyoko also acted in. Their self-directed film, HOME, about Asian American identity has garnered international recognition and a recent feature on the LA Times. They are currently in production for the Japanese TV series, “Drops of God”.

www.kyokotakenaka.com 

www.Instagram.com/jinjabrew

 

竹中響子(jinjabrew)

音楽家、役者、舞踏家、映像作家。

アメリカはボストンで生まれ育った日本人。

活動拠点はロサンゼルス(Tongva land)、ニューヨーク, 東京、ロンドン。

LGBTQである3人のメンバーで構成されたナイジェリアと日本をルーツとするバンド”Wastewomxn”のギタリスト兼ボーカリストであり、同バンドの作詞作曲も手掛け、”移民”とカテゴライズされた経験を持っている人間の戸惑いと団結、そこからの解放を軸に、音楽でもってわたしたちに問いかける。

彼らの音楽はHULU制作の人気番組 ‘High Fidelity,’でも使用され、響子は役者としてもこの作品に参加している。

最近では、日系アメリカ人のアイデンティティを題材とした自作のショートフィルム”HOME”がLA Times紙に取り上げられた。今は、日本とフランスの”神の雫”のテレビ番組を役者として撮影しています。

 

[赤斬月]
中村達也とスガダイローの即興演奏DUO

中村達也(drums)

ドラマー。
即興演奏による意識拡大と、人々の中にあるダンスの目覚めをみたいと願っています。

 

スガダイロー

ピアニスト。1974年生まれ鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や小山彰太、田中泯とも共演を重ねる。2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル・二階堂和美 3曲参加)を発表。2010年には山下洋輔とのデュオライブが実現。自己のトリオ(東保光 b、服部マサツグ ds)での活動のほか、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods)、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOWらと即興対決を行う。2011年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、2012年には初のソロ・ピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』、2013年自己のトリオにて「刃文」をvelvetsun productsよりリリース。
HP:
twitter:
__________________

 

 

 

calendar

7月

2022

« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031