晴れたら空に豆まいて

MENU

150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
tel. 03 5456 8880 google map

これからの予定

schedule

2012/01/28(土)

岩上安身クロストークカフェ 日本のサバイバルのために 〜デフレ・円高・震災に加えて、TPP・増税・戦争・石油危機の七重苦が日本直撃!

岩上安身/菊池英博/郭洋春/孫崎享

  • SHARE THIS EVENT ON
  • Facebook
  • Twitter



岩上安身(ジャーナリスト) HP
菊池英博(経済学者)
郭洋春(立教大学経済学部教授)
孫崎享(外務省元国際情報局長)

経済アナリストの菊池英博さん、立教大学教授の郭洋春さんをお迎えし、日本・韓国の経済の実態について多角的にトークしていただきます。さらに、イラン戦争が現実のものとなりつつある状況で、急きょ、外務省元国際情報局長・孫崎享さんにも加わっていただくことに!日本経済と世界情勢について語りつくします。

【トークセッション】開 16:30 演 17:00 ・ 前 2,500(1ドリンク付)
【懇親会】 20:00~22:00予定 2,500(軽食+飲み放題付)
【内 容】
メインテーマ
【 日本のサバイバルのために〜デフレ・円高・震災に加えて、TPP・増税・戦争・石油危機の七重苦が直撃!〜 】
17:00〜17:20 (20分)菊池英博氏講演
「アメリカと財務省が仕掛けたデフレ・TPPの真実 〜増税分はアメリカに巻き上げられる〜」
17:25〜17:45 (20分)郭洋春氏講演
「韓国からの警鐘 〜韓米FTA躍進の裏側を暴く〜」
17:50〜18:10 (20分)孫崎享氏講演
「迫りくるイラン戦争・石油危機再び 〜米国・イスラエルの思惑〜」
– 10分休憩 –
18:20〜19:50 (1時間30分)
クロストーク 菊池英博 × 郭洋春 × 孫崎享 × 岩上安身
– 10分休憩 –
20:00〜22:00
懇親会 (料金別)
【講師陣プロフィール】
◆菊池英博
1936年生まれ。1959年、東京大学教養学部卒業。東京銀行(現三菱東京 UFJ銀行)へ入行。本部と内外営業拠点で国際投融資の企画と推進、銀行経営に従事。ニューヨーク支店外国為替課、ミラノ支店長、豪州東京銀行取締役頭取 などを歴任。1995年から文京学院大学教授。専攻は国際金融、金融論、日本経済。2007年4月からは、経済アナリスト、日本金融財政研究所所長。著書 に『銀行ビッグバン−21世紀・日本の銀行像』(東洋経済新報社)、『銀行の破綻と競争の経済学−BIS規制からの脱却』(東洋経済新報社)、『実感なき 景気回復に潜む金融恐慌の罠—このままでは日本の経済システムが崩壊する』(ダイヤモンド社)、『増税が日本を破壊する』(ダイヤモンド社)、『消費税は 0%にできる−負担を減らして社会保障を充実させる経済学』(ダイヤモンド社)がある。
◆郭洋春
1959年生まれ。法政大学経済学部卒業。立教大学経済学研究科博士課程単位取 得退学。立教大学経済学部助手、経済学科専任講師、助教授を経て、2001年4月より教授。専門は開発経済学、アジア経済論。山田正彦元農水相が会長を務 める「TPPを慎重に考える会」の第21回勉強会で、大手メディアが報じない米韓FTAの問題点を報告。TPPと米韓FTAの類似点を指摘するとともに、 日本がTPP協定交渉に参加することに対し警鐘を鳴らした。著書に、『アジア経済論』(中央経済社)、『韓国経済の実相−IMF支配と新世界経済秩序−』 (柘植書房新社)、『開発経済学−平和のための経済学−』(法律文化社)がある。
◆孫崎享
1943年生まれ。1966年東京大学法学部中退、外務省入省。英国(2回)、 ソ連(2回)、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ勤務を経て、情報局分析課長、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン 大使を歴任。2002年、防衛大学教授に転出、2009年3月退官。著書に『「日本の国境問題  尖閣・竹島・北方領土」『日米同盟の正体〜迷走する安全保障』など。日米同盟の現実を鋭く告発し続けている。

【お申し込み受付】
http://iwj.co.jp/info/whatsnew/?p=17276

ご到着順入場

calendar

11月

2018

« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930